スターの恋人のフル動画を1話から最終話まで無料視聴できるサイト

一つの韓国ドラマをきっかけに、韓流作品にハマってしまった。あなたもそんな一人ではないでしょうか。

この記事では、「スターの恋人」の日本語字幕版を無料視聴する方法や各話のあらすじ、キャストの情報など、本作品の情報を余すことなくまとめています。

スターの恋人

スターの恋人は、U-NEXT で配信中。初回無料お試しを利用すれば、31日間無料で視聴できます。

\ 31日間無料トライアル実施中 /
2020/11/02の情報を元に作成しています。現在は配信していない可能性もあるので、最新の情報は、各動画配信サービスの公式サイトで確認してください。

スターの恋人は全話無料で視聴できる?

U-NEXT やFODなど、当サイトで紹介している動画配信サービスでは、初回無料お試しを利用することが可能。

そのお試し期間を利用すれば、スターの恋人を全話無料で視聴することができます

ただし、動画配信サービスによって、配信状況や無料お試し期間が異なるので、事前に確認してから契約することをおすすめします。

\ 読み飛ばしボタン /

配信状況と無料お試し期間をチェック

  スターの恋人は日本語字幕・吹き替えで視聴できる?

字幕
吹替 ×
U-NEXT の配信状況
ほとんどの韓国ドラマは、日本語字幕版のみ配信されており、日本語吹替版はほんの一握りしかありません。
スターの恋人のU-NEXT での配信状況を確認したところ、上の表のような結果になりました。

  スターの恋人をYouTube、Dailymotion、Pandraで視聴するのは危険

スターの恋人のみならず、様々な韓国ドラマや映画がYouTubeやDailymotion、Pandraにアップロードされていることがありますが、それらを視聴することはおすすめしません。

なぜなら、ほとんどの場合が、非公式で違法アップロードされた動画だから。

また、画質や音質が悪かったり、各話(エピソード)を一つずつ探さないといけない手間もあるため、当サイトでは、U-NEXT やFODなどの動画配信サービスでの視聴をおすすめしています。

  スターの恋人を配信しているVOD一覧

大手動画配信サービスでのスターの恋人の配信状況は、このようになっています。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
FOD
Hulu ×
dTV ×

動画配信サービスごとに、料金やサービス内容、無料お試し期間がことなるので、そこを詳しくみていきましょう。

U-NEXT

月額料金 2,189円
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 5.0

配信作品を確認

韓国ドラマを見るなら、U-NEXT !と言っても過言ではないほど、U-NEXT は韓国ドラマが充実しています。

韓国ドラマ作品数は、700作品以上となっており、他の動画配信サービスと比較しても圧倒的の多さ。

無料お試し期間も 31日間長く、ドラマ数作品を全話見られるのでおすすめ♪

また、家族で最大4名までアカウントを分け使え、実質一人当たり約500円で利用できるので、家族で使うならめちゃめちゃお得です。

FOD

FODバナー
月額料金 [fod_price]
無料期間 2週間
ダウンロード ×
韓国ドラマ配信数 4.0

FODは、U-NEXT に次いで韓国ドラマの配信数が多く、料金も安いので、安く利用料を安く収めたい人におすすめ。

無料お試し期間は  2週間と若干短いですが、集中して時間を取れる人なら十分ではないでしょうか。

Hulu

Huluバナー
月額料金 1,026円
無料期間 2週間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 2.0

Huluでも韓国ドラマを可能。月額料金が比較的安く、ダウンロード機能もあるため、安くてデータ通信料を抑えることができます。

ただし、韓国ドラマの配信数はそこまで多くないため、海外ドラマや洋画など、他のジャンルも合わせてみたい場合におすすめです。

無料お試し期間は  2週間ですが、期間中は対照作品が全て見放題なので、無料で様々なジャンルを楽しむことができます。

dTV

dTVバナー
月額料金 [dtv_price]
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 3.0

dTVは、当サイトで紹介している中で、一番月額料金が安い動画配信サービスです。

韓国ドラマもそれなりの数を配信しているので、料金とスマホのデータ通信量を抑えたいコストパフォーマンス重視の日知のおすすめです。

無料お試し期間も 31日間と長く、映画やアニメなど、様々なジャンルの動画も視聴できるため、無料お試しだけでも利用してみる価値はあります。

スターの恋人のあらすじ

大学の非常勤講師チョルスは、友人の紹介でお金のために人気女優イ・マリのゴーストライターを務めることに。執筆のために奈良で過ごすことになった2人。マリは次第にチョルスに惹かれていくが、彼は日本留学時代の恋人ウニョンに未練を抱いていた。

引用元はこちら

第1話:運命の矢運命の矢

国文科を卒業して大学で時間講師をするキム・チョルスは、貧しい生活を送っている。一方、韓国のみならずアジアで絶大な人気を誇るイ・マリ。芸能事務所の社長はマリの知的なイメージを打ち出すために本を出版することにしたが、マリ本人に書かせるのではなく、ゴーストライターとしてチョルスに代筆を依頼する。チョルスは、元恋人ウニョンから借りたお金を返済するために、依頼を承諾する。チョルスが依頼された本は、日本の奈良を舞台にした紀行文。そのためチョルスは、一ヶ月間奈良にあるマリの屋敷に滞在して本を書くことに…。

引用元はこちら

第2話:バニラアイスバニラアイス

マリとチョルスは、二人でいるところを高校生たちに見つかる。マリはとっさにポップコーンの袋をチョルスに被せて高校生たちから逃げる。しかし写真がインターネットにアップされて大騒ぎになり、社長のテソクも事務所のスタッフとマスコミを引き連れて日本に到着。マリの屋敷へ向かう。

一方、チョルスはマリの高慢な態度にたまりかねて、そういう生き方をしていたら誰ともろくに付き合えないと言う。するとマリは、自分は女優だから心がなくても何でも演じられると言いチョルスにキスする…。

引用元はこちら

第3話:奈落の休日奈落の休日

マリはしばらく日本に滞在することになり、可能な限りマリの立場で本を書きたいチョルスは、一緒に街を歩き回り、マリの発した言葉をメモする。

テレビでマリとの熱愛報道を認めたハヨンは、マリに会いに屋敷へやってくる。ハヨンは、本当に真剣な付き合いをしたいのかとマリに確認する。

チョルスが本の原稿をマリに見せると、マリは音楽や本の引用が多くて難しいと言う。チョルスは反論するのだが、そのうち二人は言い合いになる…。

引用元はこちら

第4話:アスカの恋人アスカの恋人

チョルスは韓国でマリの本を書くことにする。それを聞いたマリは、次回作の映画の舞台である遊園地にチョルスを誘って行くことに。そして二人は観覧車に乗る。そこでマリは自分の気持ちを告白しようとするのだが、それをさえぎるようにチョルスは自分には好きな人がいると話す。そして初恋の男性に去られて悲しむマリの姿を見て、自分も好きな人をこれから幸せにしてやらなければならないことに気づいたと言い、ウニョンに会いに行くことに。

一方、ハヨンは制作発表のあとチャーターしたクルーザーでマリにプロポーズする。だがマリはハヨンのプロポーズを断るように川に飛び込む…

引用元はこちら

第5話:2人だけの秘密2人だけの秘密

マリは、助けを求めるためにチョルスに会いに行き、一ヶ月一緒に暮らしながら「アスカの恋人」の本の中で引用された冊の本について説明してほしいと頼む。しかしチョルスはこれ以上マリに振り回されたくないので二度と会いにくるなと言い頼みを断る。

ビョンジュンは、チョルスがマリの本を代筆したという確信を持ち、チョルスに白状させようとするがチョルスは口を割らない。

ウニョンは学会に参加するために一時帰国してチョルスに会いにくる。日本でヨリを戻したチョルスとウニョンは、付き合っていたころのような関係に戻れるようお互い努力することを約束し合う…。

引用元はこちら

第6話:ひとりぼっちのクリスマスひとりぼっちのクリスマス

チョルスの家に押しかけたマリ。チョルスは、ジェイン・オースティンの本3冊を読むことを条件に一ヶ月間住み込みで文学の家庭教師をすることを約束する。マリはチョルスの屋上部屋に居座り本を読み始め朝を迎える。

マリに好意を抱いているチョン・ウジンは、マリをさらってしまいたいと言うハヨンに賭けを持ちかける。マリに結婚指輪をはめてハヨンの前に連れてくるというのだ。

チョルスは学校を休み、マリにトークショーに向けた講義をする。そのうち二人はチョルスの部屋で寝入り朝を迎えるのだが、訪ねてきたビョンジュンに写真を撮られる。ビョンジュンはスクープを手に入れたと編集長に豪語するのだが、友達を売るのはよくないと気づき一旦断念。しかしカメラを会社に置き忘れたため、二人の写真を編集長に見られる…。

引用元はこちら

第7話:遠い日の記憶遠い日の記憶

クリスマスツリーの箱を持ってマリのマンションへ来たチョン・ウジンは、病院から戻ったマリを誘って食事へ。マリは二人きりで会うのは気が重いと言うのだが、チョン・ウジンにツリーの飾りを見せられて施設でのことを思い出し態度を軟化させる。

ビョンジュンが会社に置き忘れたカメラに写っていた、マリとチョルスの写真を見た編集長は、その写真をもとに暴露記事を作成する。焦るビョンジュンはテソクにマリとチョルスの写真を見せて事情を説明する。するとテソクは、代わりにほかの芸能人のネタを提供して、マリとチョルスの記事をお蔵入りにするが…

引用元はこちら

第8話:友達以上の関係友達以上の関係

マリの家に現れたチョルスは、代筆をした責任を感じて引き続き家庭教師をすると言う。しかしマリは、チョルスの身を案じて断固として拒否する。そんなときにチョン・ウジンから電話が掛かってきて力になりたいと言う。自分の出る幕ではないと思ったチョルスは引き下がる。するとマリは態度を変えて家庭教師を受け入れる。一方、チョルスはウニョンに、住み込みの家庭教師を始めたことを話す。相手がマリであることは知らないものの、心配になったウニョンは早めに留学をやめて韓国に帰国することに…。

引用元はこちら

第9話:会わない約束会わない約束

チョルスは、自分の引いた線を越えてきたマリにキスするが、すぐに我に返りキスをしたのはミスだと言う。マリは別れを言いにチョルスに会いに来たのだが、言い出せずにそのまま家へ帰る。家の前には報道陣が詰め掛けていた。一方、チョルスは「キスしたのはミスだ」と言ったことを後悔してマリの家へ。報道陣に囲まれるマリを救い出そうとするのだが、そこへチョン・ウジンが現れる。しかしマリはチョルスと一緒に車でその場を去りソウル郊外の民宿へ。そこでチョルスはマリに、代筆を打ち明けるよう勧める。だがマリはすべてを失ってしまうと反論。怒って民宿を飛び出す。すると外にはチョン・ウジンが待っていた。マリはウジンの車でソウルへ戻り、ウジンのホテルに泊まることに…。

引用元はこちら

第10話:嘘の代償嘘の代償

チョルスの家にやってきたマリは、代筆騒動の収拾をテソクに任せる。テソクはマリが病院に入院しているという嘘の情報を流して世間の同情を買う作戦に出る。一方チョルスは、嘘をつき続ける人生はよくないとマリを批判。二人は言い争う。ひとまずマリはチョルスの家に泊めてもらうのだが、マリが出国していないと知ったテソクから電話が掛かってくる。しかしテソクは怒りを抑えてチョルスのことを忘れて戻ってくるように念を押す。

チョン・ウジンはチョルスを呼び出して、マリのことを思うなら身を引くべきだと話す。そのときにチョルスはマリが施設で育てられたことを知る…。

引用元はこちら

第11話:スキャンダルスキャンダル

マリの病院に現れたチョルスはマリを連れて逃げるが、マリがテソクの車に無理矢理押し込まれたためはぐれる。二人を追っていたマスコミはビョンジュンの失言から、チョルスの名前や恋人の存在を知り、チョルスの家に詰め掛け大騒ぎになる。さらに恋人がウニョンであることも世間に知れる。

テソクはマリを事務所へ連れてくるが、チョルスのことで言い争う。そこへチョン・ウジンが現れてマリを連れて出る。ウジンはマリを自分の別宅へ連れていき休ませる。怒ったテソクはマリの活動を中止することに…

引用元はこちら

第12話:現実の壁現実の壁

民宿に泊まったマリとチョルスはソウルに戻る。ウニョンの様子を心配したマリは、チョルスをウニョンに会いにいかせる。テレビに映って以来マスコミにつけ回され体調を崩していたウニョンは、チョルスに償いとして体調が回復するまで毎日会いにくるように求める。しかし自分の母に激しく責められるチョルスを見かねて前言を撤回する。

一方、オクジャからユリの病気を治すためにも、マリのことはあきらめろと言われたチョルスは、現実を思い知らされて苦しむ…

引用元はこちら

第13話:最後のカード最後のカード

チョルスがお金目当てにマリに近づいた、そう書かれた暴露記事を見たチョルスとマリ。
二人はビョンジュンが書いたものではなく、テソクが仕組んだデタラメな記事だと確信する。しかしマスコミは記事を大々的に取り上げ、チョルスは非難の的となる。

テソクはチョルスのもとを訪れて、記事の内容を認める会見を開けと言う。そうすればマリは復帰できると言うのだ。さらにその見返りとして海外の隠れ家を提供してやるから、そこで本を書いてほとぼりが冷めるのを待てと言う…

引用元はこちら

第14話:初恋の恋人初恋の恋人

テソクはマリの写真集のカメラマンとして、ソ・ウジンを日本から呼び寄せる。相手がソ・ウジンなら、引退に気持ちが傾いているマリを仕事に復帰させられると思ったのだ。

チョルスと別れたくないマリは、海外行きを持ちかけるのだが、チョルスはお互い考える時間を持とうと言い、二人はしばらく距離を置くことにする。

ソ・ウジンは以前日本で、写真集に文章を添える仕事をウニョンに頼んだのだが、今回のマリの写真集にも同じ仕事を頼むことに。仕事を依頼されたウニョンは、チョルスを紹介することにする…

引用元はこちら

第15話:愛は君だけに愛は君だけに

マリと再会したソ・ウジンは、家に泊めてほしいと頼む。最初マリは断るが、ソ・ウジンが脳動脈瘤だという話をテソクから聞き、家に泊めることに。一方、チョルスとは一切連絡を絶つ。

ウニョンが投稿したチョルスの小説が雑誌に掲載されるが、チョルスはウニョンの行動を負担に感じるばかり。さらに、ウニョンはマリのマンションにソ・ウジンが泊まっていることを知り、それをチョルスに伝える。チョルスは事実を確認をするために、マリのマンションへ行くのだが、ちょうどソ・ウジンが出てきて衝撃を受ける。その後、マリと会ったチョルスは、彼氏がいながら初恋の人と同居するのはおかしいと責めるが、マリは理解してほしいとだけ言う…。

引用元はこちら

第16話:旅立ちの日に旅立ちの日に

しばらくマリと距離を置いていたチョルスだが、マリに別れを告げる。その後、マリから受け取ったユリの治療費を返すために、出版社から持ちかけられた小説の執筆を引き受ける。小説を書くと知ったウニョンは、チョルスのことをきっぱりとあきらめ、今後は後輩としてだけ会うことにする。

チョン・ウジンはソ・ウジンに会い、マリをテソクから解放させるために協力してほしいと言う。ソ・ウジンは、これ以上マリに迷惑をかけないために、日本へ帰り手術を受けることを決意する。それを聞いたマリは、自分も一緒に日本へ行くと言う。

マリの写真集の文章を書き終えたチョルスは、マリの家へ行き原稿を渡す。そこでマリがソ・ウジンと一緒に日本へ行くことを知り驚くが、再度別れようと告げる。

マリの写真集の文章を書き終えたチョルスは、マリの家へ行き原稿を渡す。そこでマリがソ・ウジンと一緒に日本へ行くことを知り驚くが、再度別れようと告げる…

引用元はこちら

第17話:失われた時間失われた時間

川辺で待っていたチョルスは、マリが現れないため立ち去るのだが、その後すぐにマリは車で到着。二人は入れ違いになる。

マリは仕方なくチョン・ウジンと会見を開いて、結婚を発表しチョルスとのスキャンダルはすべてウソだったと話す。それを知ったチョルスは衝撃を受けるが、出版中止となっていた新作「夢の夜」は発刊される。一方、テソクはANCのアメリカ支社の支社長に就任する。

1年後。マリはチョン・ウジンと付き合ってはいるものの結婚しておらず、芸能活動も依然再開せずにいた。チョルスは2作目の小説「喪失」を出版。一方でマリからもらったお金(ユリの治療費など)をマリに少しずつ返済していたが、連絡は一切絶っていた。ジャンスは映画が完成。しかし度重なる女優とのスキャンダルが原因でイェリンとは別れていた。テソクはアメリカから戻ってくる。

映画の出演を検討していたマリは、ある映画の台本を気に入る。しかし映画の原作者がマリはイヤだと言う。何としても出演したいマリは、原作者に会いに出版社へ行く。そこでチョルスと再会したマリは、チョルスが原作者であることを知る。また世間に騒がれるのがイヤで、マリの出演に反対していたチョルスだが、監督の説得に応じてマリの出演を承諾。しかしチョルスとの別れを克服できずにいたマリは、役を演じきる自信がないため出演を辞退する。

ウニョンはチョルスを密かに思い続けていたものの、チョルスに気持ちがないと知っているため、友人の紹介で男性と会うことを決意する。

マリが映画に出ないと知ったチョルスは、電話をかけて映画に出ろと言う。マリは映画に出ることにするのだが、それを知ったチョン・ウジンは猛反対。マリの気持ちがチョルスに向かうのではないかと不安になり、マリにANCとの契約を迫る。しかしマリはこれに反発し映画にも出ることにする。

映画「失われた時間.喪失」の打ち入りを兼ねた合宿が始まる。マリは結婚を発表した理由をチョルスに知ってもらおうとするのだが、チョルスは聞く耳をもたない。さらにチョルスは、お互い愛し合っていたのではなく、愛していたと錯覚していただけだと言うのだが、マリへの思いを抑えきれずにマリにキスする。ちょうどそのときに合宿所に到着したチョン・ウジンは、その場面を目撃する。

引用元はこちら

第18話:素直になれなくて素直になれなくて

映画「失われた時間.喪失」の打ち入りで、マリにキスしたチョルスは、自分の行動を後悔して会場から引き上げる。一方、キスの場面を目撃したチョン・ウジンは、あきらめずにマリに最後のプロポーズをする。

ジャンスは、イェリンとヨリを戻す。

アメリカから戻ってきたテソクはチョン・ウジンに会いに行くが、チョン・ウジンはテソクの帰国を歓迎しない。しかしテソクには、マリに対するハリウッド映画のオファーをダシに使って、エンターテインメント事業に復帰するというもくろみがあった。

ウニョンは、知人の紹介で男性と会う。その男性が過去のチョルスと同じセリフを言ったことで、ウニョンは男性のことを気に入る。ウニョンが男性と会ったことを知ったチョルスは、寂しい気持ちになる。

マリはチョルスに会いにいく。自分との過去を愛じゃなかったと否定するチョルスと話し合うためだ。しかしチョルスは、もう終わったことは忘れて、そばにいる人だけを見ろと言い捨て立ち去る。

ハヨンはマリに会いにいき、チョン・ウジンとの賭けに負けたため祖父の会社で働くことになり、その代わりにチョン・ウジンがアメリカへ戻ることになったと話す。マリは勝手にアメリカ行きを決めたチョン・ウジンに対して怒りをあらわにするのだが、チョン・ウジンはチョルスの映画から降板してハリウッド映画に出演するようマリに提案する。テソクが裏で仕組んだことだと気づいたマリは、テソクに電話してチョルスの映画から降板しないと言う。しかしテソクは、また誰かが傷つくことになると脅す。運転中のマリは、テソクから解放されたい一心で目を閉じ対向車と衝突。病院に運ばれる。それを知らされたチョルスは、病院へ急ぐ。

引用元はこちら

第19話:告白告白

交通事故に遭ったものの軽症で済んだマリは、知らせを聞いて病院に駆けつけたチョルスとマスコミの前で、チョン・ウジンとの婚約は偽りであること、チョルスと付き合ってたこと、今でもチョルスを愛してることを告白する。しかしチョルスは無言のままその場を立ち去る。

事故に遭ったことで自分にはチョルスしかいないと悟ったマリは、チョン・ウジンに指輪を返して、報われなくてもチョルスを待ち続けることにする。

退院の日、病院に現れたチョルスは、お互いの違いを認めた上で一緒にいたいとマリに伝える。プサンで講義があるため、考えてから答えてほしいと言うのだが、マリはプサンまでチョルスを追いかけていき、自分も一緒にいたいと答え、二人はヨリを戻す。

マリはソウルに来るまで、プサンにある祖母の施設で育ったことをチョルスに打ち明ける。

ウニョンは、チョルスがマリとヨリを戻したことを知りショックを受ける。

マリのことをあきらめることにしたチョン・ウジンは、ANCとの契約書をマリに返して、さらに「喪失」の出演も許諾する。

アメリカで手術を受けたユリは、治療を終えてボヨンと一緒に帰って来る。

マリのマネジメントをあきらめきれないテソクは、チョン・ウジンのもとを訪れるのだが、逆にソ・ウジンに暴行を加えた証拠資料を突きつけられる。マリがソ・ウジンと手を組んで自分を陥れようとしていると思い込んだテソクは、マリのマンションへ行き、マリを問い詰める。もはや自分の思い通りにできないマリに対して、テソクは胸に抱いていた思いを爆発させる。ちょうどそのときにチョルスが現れる。

引用元はこちら

第20話:<最終話>永遠の誓い<最終話>永遠の誓い

マリのマンションを訪れ暴れていたテソクは、警備員に追い出される。仕方なくマリのことをあきらめたテソクは、ANCを辞めて小さな芸能事務所を立ち上げる。

テソクに続きイェリンもANCを辞める。イェリンとの接点がなくなったジャンスは、思い切ってイェリンに告白してヨリを戻す。さらにANCからテソクの事務所へ移る。

マリは、以前テソクがソ・ウジンに暴行を加えた証拠資料をチョン・ウジンから見せられるが、テソクに対する恩義があるため訴えないことにする。

チョン・ウジンは、女優としてのマリの成長を見届けたいという気持ちから、ハリウッド映画のプロデューサーとなり、マリはその映画に出演することになる。
ウニョンはチョルスのことをきっぱりあきらめる。その後知り合いの男性と偶然再会する。

映画の撮影のためにハリウッドへ行くことになったマリは、チョルスと離れ離れになりたくないため結婚を持ちかける。しかしチョルスは難色を示す。二人は険悪なムードになるのだが、悩んだ末にチョルスはマリとの結婚を決意して一緒にハリウッドへ行くことにする。その後、二人はマリが幼い頃暮らした施設を訪れる。そこでチョルスは、マリの母親が生前マリの祖母に宛てた手紙を職員から渡される。その手紙にはマリの本名が「ヨンヒ」であることが書かれていた。それを知ったチョルスは、自分とマリが運命で結ばれていることを確信しマリにプロポーズをする。

数年後、結婚したチョルスとマリは一女をもうけていた。マリは女優の仕事、チョルスは作家の仕事を続け幸せな生活を送る二人。こうして夜空の星と大地の草はつながることになる

引用元はこちら

スターの恋人のキャスト

役名 俳優名
イ・マリ チェ・ジウ
キム・チョルス ユ・ジテ
チョン・ウジン イ・ギウ
チョ・ウニョン チャ・イェリョン
ソ・テソク ソン・ジル
ミン・ジャンス イ・ジュニョク
イ・スンヨン ヤン・ヒギョン
イ・ウンシル クァク・ヒョナ
ソ・ウジン チェ・フィリップ
ソン・ハヨン キ・テヨン
チョン・ビョンジュン チョン・ウンテク
キム・オクチャ キム・ジヨン
チェ・リョニ イ・ジョンナム
イ・ジスン キム・イェリョン
イ・ボヨン キム・ジスク
キム・ユリ シン・ミニ
キム・チョルスの父 ペ・ギボム
アン教授 ユン・ジュサン
チェ・ソンウク イ・スンヒョン
チャン・ルイ コン・ヒョンジン
キム・ジュシク シン・ヒョンジュン
イ・マリの母 キム・ミンチェ

スターの恋人の主題歌・OST

Disc1
01. スターの恋人
02. 出会い
03. 心の中の話
04. お前を時々忘れる事
05. 言いたい言葉
06. 去ってゆくかと..
07. Name
08. あなたの場所は、ここなのに、(ドラマ Ver)
09. 私には難しいその言葉
10. Magic
11. 星が降る
12. Chopin,Nocturn Op9-No.2 E Flat Major Performedby
13. 思い出が降る夜
14. どきどき
15. アスカ紀行
16. あぁ、私の女神様
17. 愛がいる庭園
18. 近づいて行くほど
19. 同居
20. Chopin,Nocturn Op9-No.2 E Flat Major
21. Love&Kiss
error: コンテンツを保護しています。
タイトルとURLをコピーしました