もう一度始めようのフル動画を1話から最終話まで無料視聴できるサイト

一つの韓国ドラマをきっかけに、韓流作品にハマってしまった。あなたもそんな一人ではないでしょうか。

この記事では、「もう一度始めよう」の日本語字幕版を無料視聴する方法や各話のあらすじ、キャストの情報など、本作品の情報を余すことなくまとめています。

もう一度始めよう

もう一度始めようは、U-NEXT で配信中。初回無料お試しを利用すれば、31日間無料で視聴できます。

\ 31日間無料トライアル実施中 /
2020/12/23の情報を元に作成しています。現在は配信していない可能性もあるので、最新の情報は、各動画配信サービスの公式サイトで確認してください。

もう一度始めようは全話無料で視聴できる?

U-NEXT やFODなど、当サイトで紹介している動画配信サービスでは、初回無料お試しを利用することが可能。

そのお試し期間を利用すれば、もう一度始めようを全話無料で視聴することができます

ただし、動画配信サービスによって、配信状況や無料お試し期間が異なるので、事前に確認してから契約することをおすすめします。

\ 読み飛ばしボタン /

配信状況と無料お試し期間をチェック

  もう一度始めようは日本語字幕・吹き替えで視聴できる?

字幕
吹替 ×
U-NEXT の配信状況
ほとんどの韓国ドラマは、日本語字幕版のみ配信されており、日本語吹替版はほんの一握りしかありません。
もう一度始めようのU-NEXT での配信状況を確認したところ、上の表のような結果になりました。

  もう一度始めようをYouTube、Dailymotion、Pandraで視聴するのは危険

もう一度始めようのみならず、様々な韓国ドラマや映画がYouTubeやDailymotion、Pandraにアップロードされていることがありますが、それらを視聴することはおすすめしません。

なぜなら、ほとんどの場合が、非公式で違法アップロードされた動画だから。

また、画質や音質が悪かったり、各話(エピソード)を一つずつ探さないといけない手間もあるため、当サイトでは、U-NEXT やFODなどの動画配信サービスでの視聴をおすすめしています。

  もう一度始めようを配信しているVOD一覧

大手動画配信サービスでのもう一度始めようの配信状況は、このようになっています。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
FOD
Hulu ×
dTV

動画配信サービスごとに、料金やサービス内容、無料お試し期間がことなるので、そこを詳しくみていきましょう。

U-NEXT

月額料金 1,990円
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 5.0

配信作品を確認

韓国ドラマを見るなら、U-NEXT !と言っても過言ではないほど、U-NEXT は韓国ドラマが充実しています。

韓国ドラマ作品数は、700作品以上となっており、他の動画配信サービスと比較しても圧倒的の多さ。

無料お試し期間も 31日間長く、ドラマ数作品を全話見られるのでおすすめ♪

また、家族で最大4名までアカウントを分け使え、実質一人当たり約500円で利用できるので、家族で使うならめちゃめちゃお得です。

FOD

FODバナー
月額料金 [fod_price]
無料期間 2週間
ダウンロード ×
韓国ドラマ配信数 4.0

FODは、U-NEXT に次いで韓国ドラマの配信数が多く、料金も安いので、安く利用料を安く収めたい人におすすめ。

無料お試し期間は  2週間と若干短いですが、集中して時間を取れる人なら十分ではないでしょうか。

Hulu

Huluバナー
月額料金 923円
無料期間 2週間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 2.0

Huluでも韓国ドラマを可能。月額料金が比較的安く、ダウンロード機能もあるため、安くてデータ通信料を抑えることができます。

ただし、韓国ドラマの配信数はそこまで多くないため、海外ドラマや洋画など、他のジャンルも合わせてみたい場合におすすめです。

無料お試し期間は  2週間ですが、期間中は対照作品が全て見放題なので、無料で様々なジャンルを楽しむことができます。

dTV

dTVバナー
月額料金 [dtv_price]
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 3.0

dTVは、当サイトで紹介している中で、一番月額料金が安い動画配信サービスです。

韓国ドラマもそれなりの数を配信しているので、料金とスマホのデータ通信量を抑えたいコストパフォーマンス重視の日知のおすすめです。

無料お試し期間も 31日間と長く、映画やアニメなど、様々なジャンルの動画も視聴できるため、無料お試しだけでも利用してみる価値はあります。

もう一度始めようのあらすじ

引用元はこちら

第1話:

産婦のミンスは総合病院へ搬送されるが命を落とす。ボンイルは妻・ハナに産婦の死を告げ、娘・ヨンジャが子供を取り上げたことは隠し通そうと話し合う。一方、ミンスの夫、ハ・ソンジェは途方に暮れていた。

引用元はこちら

第2話:

テソンに弱みを握られたボンイルは、公示価格でビルを売る契約書にサインをするよう迫られる。一度は断るボンイルだったが、遺族に事実を話すと脅されたため、仕方なくビルを手放す決断を下す。

引用元はこちら

第3話:

テソンの脅しと入居者たちからの抗議によるストレスで、ボンイルはついに倒れてしまう。年に一度の医師国家試験を翌日に控えていたヨンジャだが、ボンイルの搬送された病院に残り、試験を放棄してしまう。

引用元はこちら

第4話:

お金のことで言い合う両親の話を聞いたヨンジャは、親に頼りきって勉強を続けていいのかと悩む。一方、テソンの娘、イ・イェラとのお見合いの日を迎えていたジウクは、イェラを見てどこかで会った気がしていた。

引用元はこちら

第5話:

ジウクのスーツを汚してしまったヨンジャは、そこに偶然やってきたイェラとの会話からジウクが常務だと知る。その頃、ヨンジンは市場の人々から、ビルの入居者にひどい仕打ちをしたと非難されていた。

引用元はこちら

第6話:

ヨンジャは心臓発作で倒れた客に救命処置を施して命を救った。イェラは周囲から評価されているそんなヨンジャが気に入らない。一方、仕事を休み続けているソンジェに、母・ヒョンスンは自暴自棄になるなと諭す。

引用元はこちら

第7話:

会議に遅刻したイェラは、謝罪するようヨンジャに迫られて言い合いになるが、ジウクが現れると態度を一変させる。一方、仕事に復帰したソンジェは、ジウクの要望に応えてウナ百貨店で働くことになった。

引用元はこちら

第8話:

残業をしていたヨンジャの元に、すぐ帰ってくるようにとボンイルから電話が入る。急いでいる様子のヨンジャを見掛けたジウクは、家まで送ろうと彼女を車に乗せるが、その様子をイェラに見られてしまう。

引用元はこちら

第9話:

昼休みにソンジェと歩いていたヨンジャは、たまたまジウクとイェラと鉢合わせする。ヨンジャが残した弁当を持っていることに気付いたジウクはが食べると言って持ち去ってしまう。それを見たイェラは嫉妬する。

引用元はこちら

第10話:

偶然見掛けたヒョンスンが着ているジャケットを見て、ヨンジャの服なのではないかと思って話し掛ける。ヨンジャはヒョンスンにスリだと勘違いされてしまうが、ソンジェが仲裁に入り事なきを得る。

引用元はこちら

第11話:

ジウクは以前にホテルのロビーでイェラと会っていたことを思い出した。ジウクに信用されていないと感じたイェラは、ヨンジャに口裏を合わせるよう頼む。その頃、ボンイルとハナは、ヒョンスンを訪ねて謝罪していた。

引用元はこちら

第12話:

置き忘れた医学書を受け取るためホテルを訪れたヨンジャは、そこで待っていたのがソンジェだったことに驚いた。また、両親がジウクのスーツを届けるため出掛けたと聞いて、慌てて図書館へと向かう。

引用元はこちら

第13話:

ジウクの家にスーツを届けたヨンジャは、会長を訪ねてきていたイェラと遭遇。イェラは、ホテルで会った時のことをヨンジャに証言させようとする。一方、ヨンインは家族に結婚したい人がいることを打ち明けた。

引用元はこちら

第14話:

ヨンジャは、以前に救命措置を施したハンドグループ会長夫人からお礼の食事に誘われ、ジウクと一緒に出掛ける。その頃、ボンイルを呼び出したソンジェは、ヒョンスンが受け取ったお金を返していた。

引用元はこちら

第15話:

イェラがジウクにうそをついていることが気掛かりなソンジェは、そのことをヨンジャに相談する。ソンジェはまた、イェラとジウクの結婚を急ぎたいビョンチョルから2人を後押しするよう頼まれ、さらに悩む。

引用元はこちら

第16話:

ウナ百貨店を訪れたハナは、客に責められるヨンジャを目撃。怒りと悔しさがこみ上げたハナは、その場からヨンジャを連れ出してしまう。事情を話してハナを説得したいヨンジャだが、家からの外出禁止を言い渡される。

引用元はこちら

第17話:

ヨンジャに優しいジウクに対して嫉妬するイェラは、ヨンジャに早く辞めるよう迫る。一方、ジウクのはっきりしない態度が気掛かりなテソンは、イェラとの仲を進展させようと昼食の席を設けるが…。

引用元はこちら

第18話:

ジウクが何かとヨンジャを気に掛けることが気に入らないイェラは、ナ家に電話をかけてヨンジャを連れて帰るよう声を荒げる。偶然電話を受けたボンイルは、ヨンジャに何かあったのではと心配するが…。

引用元はこちら

第19話:

ハナは仕事を探して病院の食堂を巡るが、働き口が見つからない。帰り道、腕をけがしたヒョンスンを見掛けたハナは、代わりに荷物を持って家まで付き添い、家事も手伝う。一方、ジウクとイェラはデートを楽しむが…。

引用元はこちら

第20話:

勤務中にスリを捕まえたヨンジャが負傷する。ヨンジャの代わりに売り場に立つよう指示されたイェラは、ジウクにソンジェへの不満を漏らす。手当を終えて売り場に戻ったヨンジャは、イェラに帰るよう命じられるが…。

引用元はこちら

第21話:

ボンイルの病院で亡くなった産婦の話を聞いたヨンジャは、ヨンインに亡くなった産婦がいたかどうか尋ねるが、そんなことはなかったと言われる。それでも気掛かりなヨンジャは、ボンイルに確認するが…。

引用元はこちら

第22話:

ヨンジャが仕事に来なくなって喜ぶイェラに対し、ジウクはなじるような態度を取る。一方、ヨンジャがスリを捕まえた時の映像を確認したジウクは、ヨンジャを助けるソンジェの姿を見て複雑な気持ちになる。

引用元はこちら

第23話:

ヨンジャが心配で家の近くまで訪ねて行ったジウクは、ヨンジャとソンジェが一緒にいる姿を見掛け、話し掛けられずにその場を去る。翌朝、出社するため家を出ようとしたヨンジャは両親に引き止められるが…。

引用元はこちら

第24話:

百貨店を訪れたボンイルは、ヨンジャの退職届をジウクに渡した。その後、クレーム対応をするヨンジャのけなげな姿を見掛け、涙を流すボンイル。そんな父を目の当たりにしたヨンジャは、仕事を辞める決心をする。

引用元はこちら

第25話:

ナ家をジウクが訪ね、ヨンジャを正社員として雇いたいと提案する。しかし、ボンイルとハナはヨンジャが医師を目指していることを打ち明け、これを断る。一方、イェラはこんなジウクの行動にやきもきしていた。

引用元はこちら

第26話:

ヨンジャを叩こうとしてジウクの顔を叩いてしまったイェラは、ヨンジャへの怒りが収まらず、彼女を突き飛ばして罵倒する。一方、ウナファーマーズからオープン式典の招待状が届いたことを知ったハナは激怒する。

引用元はこちら

第27話:

ジウクはイェラの家を訪ね、仕事が辛いのなら辞めてはどうかと提案する。翌朝、イェラは仕事を辞めるよう言われたことを家族に打ち明けるが、結婚するまでは我慢して働くようテソンに諭される。

引用元はこちら

第28話:

ビョンチョルの演説を聴いていたハナは感情がこみ上げ、テソンに脅されてビルを奪われたことを暴露した。駆け付けたボンイルがなだめてハナを連れ帰るが、式典を台無しにされたテソンは怒りが収まらない。

引用元はこちら

第29話:

テソンに脅されたボンイルはセユンを誘って酒を飲む。泥酔して帰宅したボンイルを見た家族は、何があったのかと心配する。一方、イェラはソンジェがヘソル化粧品に美容イベントを任せると決めたことが不満だった。

引用元はこちら

第30話:

ビョンチョルに会ったボンイルはテソンの圧力に屈し、ビル売却は不当な契約ではなかったと証言。そんな父を見掛けたヨンジャはウナホテルに来ていたことを不審に思うが、これに対してハナは人違いだろうとごまかす。

引用元はこちら

第31話:

両親に隠しごとをしているのではないかと疑うヨンジャだが、そんなことはないと2人に一蹴される。一方、ビョンチョルの意向で食事の約束が延期になったことを知らないイェラは、ジウクにその理由を尋ねる。

引用元はこちら

第32話:

ジウクにうそを見破られ、室長とヨンジャに謝罪するイェラ。ビョンチョルに夕食の約束を断られた件のこともあり、焦りを募らせる。一方、ヨンジャはウニが仕事に復帰するまでという条件で両親から出社を許される。

引用元はこちら

第33話:

美容イベントで致命的なミスを犯してしまったヨンジャ。確認したはずの書類はいくら探しても見当たらず、大金を負担することになってしまう。それを聞いたジウクは、ヨンジャを助けようとお金を肩代わりする。

引用元はこちら

第34話:

ヨンジャから副賞を現金に変えてほしいと頼まれたソンジェは、周りには内緒で自ら工面した現金を渡す。その頃、イェラはジウクがヨンジャの借金を肩代わりしたことを知り、怒りを爆発させていた。

引用元はこちら

第35話:

ソンジェと楽しそうに歩いているヨンジャの姿を目撃したイェラ。ジウクからお金を借りておきながらソンジェとも親しくしているとヨンジャを責めるが、その会話を聞いていたジウクを怒らせてしまう。

引用元はこちら

第36話:

ヨンジャは、客としてデパートを訪れたミランから執拗な嫌がらせを受けるが、ソンジェに助けられる。ソンジェからこの件を聞いたジウクはイェラを呼び出し、うそをついて言い逃れようとするイェラの態度に失望する。

引用元はこちら

第37話:

ジウクに見捨てられると思い焦りが募るイェラは、助けを求めてビョンチョルを訪ねる。そこで、ジウクがヨンジャのためにサンプルの代金を肩代わりしたことやに別れ話を切り出したことを話す。

引用元はこちら

第38話:

ヨンジャに仕事を辞めて勉強に専念してほしいと考えたジウクは、ヨンジャが医師を目指して勉強中の身であることをソンジェに伝える。ジウクの話を聞いて胸を痛めたソンジェは、ヨンジャを食事に誘う。

引用元はこちら

第39話:

テソンとボンイルの姿を目撃したヨンジャ。ボンイルが席を立った後、何を話していたのかとテソンに聞くが、はぐらかされてしまう。一方、泥酔してジウクの家に寄ったイェラは、泣き叫ぶ姿をビョンチョルに見られる。

引用元はこちら

第40話:

ビルの売買に関するテソンとヨンジャの会話を聞いたソンジェは、ビル売却にテソンが関わったのかどうかを調べる。ヨンジャが給料で借りたお金の一部を返したいとジウクに申し出ると、食事も奢ってほしいと言われる。

引用元はこちら

第41話:

ヨンジャは両親にテソンと話をしたことを明かし、テソンとの関係を尋ねる。ソノはミランがヨンインを叩いたことに激怒。そんな息子を見たミランは、ヨンインたち親子の仲を引き裂こうとしていると思い込む。

引用元はこちら

第42話:

社長室を訪れたボンイルを脅迫していたテソンだったが、そこに突然ビョンチョルがやってきた。慌てたテソンはとっさに「ボンイルとは親交があり、いい関係を築いている」とうそをつきごまかすが…。

引用元はこちら

第43話:

タクシーで職場に戻ったヨンジャは無賃乗車と間違われ、警察へ連れて行かれそうになるがソンジェに助けられる。ソンジェと歩いていたヨンジャはジウクと出くわし、食事の約束をすっぽかしてしまったことを思い出す。

引用元はこちら

第44話:

ジウクにヨンジャが好きかと聞かれたソンジェは、気持ちを正直に話す。それに対し、ジウクもヨンジャに告白するつもりだと明かす。一方、ボンイルが建設現場で働いていることを知ったセユンは衝撃を受ける。

引用元はこちら

第45話:

警察署にヨンインを迎えにきたボンイルとハナは、同じくソノを迎えにきたテソンとミランに出くわし、ソノとヨンインの交際を知った親同士は激しく言い争う。一方、ヨンジャはジウクと食事中、突然告白される。

引用元はこちら

第46話:

病院に運ばれたビョンチョルが手術を受けることになったため、駆け付けたジウクらは不安を募らせる。その頃、ヨンインが勤める眼科にやってきたミランは、すぐに仕事を辞めろと勝手な要求を突きつけた。

引用元はこちら

第47話:

ジウクはビョンチョルに心配させまいと、イェラとの交際を続ける決心をする。病院に来たヨンジャは、ナ・ボンイル産婦人科から搬送された産婦が亡くなったのは間違いではなかったと聞き、事実を突き止めようとする。

引用元はこちら

第48話:

ビョンチョルを見舞うため病院を訪れたテソンは、ジスクの姿を見かけて驚く。その頃、父・ボンイルが診ていた産婦が死亡していたという事実を確かめたヨンジャは、それを隠し続けていた父を思い胸を痛めていた。

引用元はこちら

第49話:

ナ家では、ソノを捜しにきたミランとハナやヨンジンらが揉めていた。ヨンジャが帰宅するとミランはさらに怒りを爆発させ、ソノを無理やり連れ帰る。そして、ボンイルが工事現場で働いていることを家族が知る。

引用元はこちら

第50話:

ヨンジャはが子供を取り上げた時の産婦が死亡していたことをテソンから聞かされ愕然とする。また、彼女は亡くなった産婦がユ・ミンスであることを確認し、葬儀を行ったことや埋葬地まで調べた。

引用元はこちら

第51話:

人の命を奪ってしまったと知ったヨンジャを許せず激しく嗚咽し、ついには気絶してしまう。目覚めたヨンジャは産婦の夫に謝罪すると言い始め、焦ったボンイルは産婦の家族は海外へ移住したとうそをつく。

引用元はこちら

第52話:

産婦が亡くなったことを責め続けるるヨンジャ。一方、家を抜け出したソノはヨンインと駆け落ちする。ミランはハナと一緒に2人が行きそうな場所を捜し回るが、見つけ出すことができない。

引用元はこちら

第53話:

ボンイルがテソンに脅されている様子を見たヨンジャは、これ以上父を苦しめたら社長が行ってきたことを世間に公表すると告げる。一方、ジウクは、ヨンインとソノの交際が原因でイ家が大騒ぎになっていることを知る。

引用元はこちら

第54話:

テソンがヨンジャの腕を掴むのを見たソンジェは、テソンに強く抗議する。一緒に暮らし始めたソノとヨンインだが、ソノは自宅に連れ戻される。一方、ジスクはイェラに、ジウクには真心で接するようにとやんわり諭す。

引用元はこちら

第55話:

ヨンジャの家の前でテソンとボンイルが言い争う姿を目撃したジウクは、ビルの契約の件で裏に何かあったことを確信する。翌日、家に連れ戻されたソノは、ユン院長の娘とは結婚しないとテソンに宣言するが…。

引用元はこちら

第56話:

テソンは金の入った封筒をボンイルに投げつけ、できるだけ遠くへ引っ越すよう言い放つ。それを見ていたハナやセユンらが激しく抵抗すると、テソンは「産婦の夫を捜し出してヨンジャに会わせる」と言い捨てて去る。

引用元はこちら

第57話:

テソンから渡された小切手を返すため、イ家とカン家の顔合わせの席に乗り込んだヨンジャ。イェラはジウクとの仲を邪魔しに来たと誤解して彼女を責める。テソンも激怒し、ヨンジャを捕まえてくるよう秘書に命じた。

引用元はこちら

第58話:

誰かに追われて道路に飛び出したヨンジャを目撃したセユンは、助けようとして車にはねられる。一方、ボンイルを脅迫していた件で、テソンが秘書を身代わりに罪を逃れたことを知ったジウクはソンジェに相談するが…。

引用元はこちら

第59話:

ヨンインが眼科を解雇された件にテソンが関わっていたと知ったヨンジャは、抗議をすべくテソンを訪ねる。一方、ソンジェはヨンジャとボンイルが一緒に歩く姿を目撃し、2人が親子だと確信した。

引用元はこちら

第60話:

ヨンジャとソンジェを呼び出したテソンは、ミンスの事故についてヨンジャに暴露しようとするが、ソンジェに阻まれる。ヘソル化粧品を辞めることになったヨンジャは、何を話そうとしたのかテソンに尋ねるが…。

引用元はこちら

第61話:

ヨンジャはJファッションへの入社を希望するが、ソンジェはこれを断る。ジウクはテソンに、ナ家をこれ以上苦しめるなと警告する。一方、ジスクを訪ねたイェラは、ジウクとの結婚を後押ししてほしいと頼む。

引用元はこちら

第62話:

テソンに誘われJファッションの商品開発チームで働くことになったヨンジャ。ようやく解雇したヨンジャが採用されたと知ったイェラは激怒するが、テソンにとっては会長の信頼を取り戻すために必要な手立てだった。

引用元はこちら

第63話:

ボンイルとソンジェの間に何かあるのではと疑うジウク。2人の関係を確かめるべく社長室を訪れるが、テソンにごまかされてしまう。そんな中、ガプチョルが、社長に話があると言って会社に乗り込んできた。

引用元はこちら

第64話:

会社のロビーで倒れたガプチョルに応急処置をしたヨンジャは、彼の携帯電話を拾う。そして、ソンジェと共にガプチョルの入院先を訪れるが、ガプチョルは裏で手を回したテソンによってほかの病院に転院していた。

引用元はこちら

第65話:

テソンにスカウトされたヨンジャは、家族に手を出さないことを条件にウナ百貨店への入社を決めたのだと、セユンにだけ明かした。一方、ソンジェは、ガプチョルを別の病院に移したのがテソンだったことを知る。

引用元はこちら

第66話:

ガプチョルの携帯電話をテソンに渡したソンジェは、これ以上、私欲のために行動しないよう忠告するが、彼は聞く耳を持たない。ジウクは、ユチェが生まれたのがボンイル産婦人科だとソンジェから聞く。

引用元はこちら

第67話:

ヨンジャとソンジェはガプチョルが入院している病院の情報を得て向かうが、看護師からガプチョルはすでに退院したと聞かされる。不審に思った2人が病室に戻ると、そこにはガプチョルとテソンの姿があった。

引用元はこちら

第68話:

ジウクとソンジェの会話から、ソンジェの妻が亡くなった病院のことを偶然知ったイェラ。ジウクから、ヨンジャには話さないようにと口止めされるが、黙っている条件として結婚してほしいと迫る。

引用元はこちら

第69話:

テソンがジスクに手を上げようとするのを目撃したヨンジャは、思わず止めに入る。また、帰宅したヨンジャは、両親がジスクの話をしているのを聞き、以前から彼女を知っていたのかと問いただすが…。

引用元はこちら

第70話:

ユチェを抱いてソンジェと親しげに歩くヨンジャ。その姿を目撃したボンイルは、2人が出会っていたことにショックを受ける。ヨンジャが帰宅するとボンイルは、海外へ医療ボランティアに行こうと提案する。

引用元はこちら

第71話:

ボンイルから娘とはもう会わないでほしいと頼まれたソンジェは、ヨンジャへの思いを断ち切れず苦しむ。同じ頃、ジウクも2人の悲しい運命を知りながら何もしてあげることができず、胸を痛めていた。

引用元はこちら

第72話:

ヨンジャやソンジェに聞かれても、イェラは担表を偽造したことを認めなかった。しかし、イェラが担表を破り捨てたことをカン代理が証言したため、懲戒委員会にかけられることになる。

引用元はこちら

第73話:

自分がうそをついていたことを会長の前で暴かれたイェラ。逆上して倉庫で作業をしていたヨンジャに掴みかかるが、偶然ヨンジャのもとに立ち寄ったソンジェが止めに入った。一方、ヨンインはソノを見つけるが…。

引用元はこちら

第74話:

ボンイルとジスク、そしてテソンが話をしている姿を見かけたヨンジャは、3人の関係が気がかりでならない。ソンジェもまたジスクとテソンが深刻そうに話す姿を見かけ、ジウクに2人の関係を尋ねた。

引用元はこちら

第75話:

ヨンジャから直接、生年月日を聞いたジスクはが産んだ子供はヨンジャだと確信する。その頃、ジウクは、「イェラと結婚しなければ、会長の死後、大株主に会社を奪われるだろう」とテソンに脅されていた。

引用元はこちら

第76話:

ジスクはテソンを訪ね、「私が会長のもとを去る代わりに子供を捜すことをやめ、ジウクとイェラの結婚も諦めてほしい」と取引を持ちかける。帰宅したヨンジャは、家の前でジスクと電話していたハナの話を聞き…。

引用元はこちら

第77話:

ジウクは、テソンがウナグループを掌握しようとしていることをジスクに打ち明けた。ジスクは、テソンは危険な人物だと彼に忠告する。ソノを見つけたことをテソンに知られ、ミランは家へ戻るようソノを説得しに行く。

引用元はこちら

第78話:

ジスクはがヨンジャの母親であることは絶対に明かさない」とボンイルに約束する。その頃、ソノが不妊症だと知ってショックを受けたミランは泥酔して帰宅し、テソンに当たり散らしていた。

引用元はこちら

第79話:

イェラはビョンチョルの誕生日を一緒に祝おうとジウクに提案するが、家族だけで祝うと断られてしまう。一方、ソンジェはヨンジャへの思いを断ち切ることができず、ついの素直な気持ちを彼女に伝えた。

引用元はこちら

第80話:

ビョンチョルがジスクとの結婚を発表したことで、ジスクに対して礼儀を欠いた言動を繰り返していたイェラは焦っていた。そして、ジスクに取り入るため、ヨンジャを利用して会う機会を設けようとする。

引用元はこちら

第81話:

ヨンジャとソンジェが仲良く話す姿を見かけたイェラは、ジウクたちも結婚を急ごうと話すが相手にしてもらえない。一方、よりを戻したソノとヨンインは、一緒にいるところをミランに見つかってしまうが…。

引用元はこちら

第82話:

イェラはジスクに子供がいることを知り、ジウクにそれを伝えるが、誰にも言わないよう口止めされる。イェラはテソンにも言いに行くが、真っ先に言いに来なかったことを責められ、同じように口止めされてしまう。

引用元はこちら

第83話:

父とソンジェが知り合いだったことを知ったヨンジャは、ソンジェとの交際を認めてほしいと頼むが強く反対されてしまう。体調の優れない日が続いていたヨンインは産婦人科に行き、そこで妊娠していることが判明する。

引用元はこちら

第84話:

イェラはジスクに謝罪しようと花束を手に会長宅を訪れるが、夜遅くに来たことをジウクに責められる。ヨンインが妊娠したことで結婚を決意したソノは、ヨンインと共にナ家に来るが、そこにミランも現れ大騒ぎになる。

引用元はこちら

第85話:

ジスクに呼び出されたミランは、テソンとの結婚生活は幸せかと聞かれて困惑する。その頃テソンは、ジスクがボンイルの病院で働いていた経歴をなぜ知っていたのかをビョンチョルに尋ねられ、何とかごまかすが…。

引用元はこちら

第86話:

自分の娘がヨンジャだと気付き、激しく動揺するテソン。そんな時、ジスクの相手の男を捜すようイェラにしつこく頼まれ、いら立ちを隠せない。一方、ミランはソノを連れ戻すため、ナ家を訪れるが…。

引用元はこちら

第87話:

家に来るようになったソノを追い出したいハナだが、ヨンインとお腹の子供を気遣う姿を見ると何も言えない。ジウクはジスクからテソンとの関係を明かされ、ジスクが祖父と結婚した理由を察してショックを受ける。

引用元はこちら

第88話:

ヨンジャは、ハナを妊娠していた頃のことを尋ねようとヨンジンを呼び出す。一方、ヒョンスンはヨンジャを訪ね、ソンジェとユチェを心配する気持ちを伝え、交際についてよく考えてほしいと頼んだ。

引用元はこちら

第89話:

テソンはヨンジャの実の子供だということを明かすつもりでナ家に押しかけるが、ジウクが来たため引き下がらざるを得ない。一方、イェラはテソンがジスクを無理やり車に乗せるところを目撃する。

引用元はこちら

第90話:

イェラはジスクに、ジウクとの結婚を破談にするためテソンと会っていたのかと詰め寄るが、身に覚えがないと言われて戸惑う。ナ家を訪れたミランは、夫婦で暮らせるよう自宅をリフォームしているとソノに伝えるが…。

引用元はこちら

第91話:

ジウクはテソンに、「これ以上、欲望のままに行動しないように」と忠告した。一方、クリーニング屋の店主のもとを訪ねたヨンジャは、そこのことを養女だと話す店主の電話を立ち聞きしてしまう。

引用元はこちら

第92話:

DNA鑑定の結果を見たヨンジャは、ショックのあまり仕事が手につかず会社を飛び出した。偶然、ヨンジャがDNA鑑定の結果を受け取るのを目撃したイェラは、それをテソンに伝えて利用しようとする。

引用元はこちら

第93話:

ハナとジスクの会話を思い出しの出生について疑問を抱いて途方に暮れていたヨンジャは、偶然通りかかったソンジェに励まされる。ある日、ヨンインはソノを説得して家へ連れ戻そうと試みるが…。

引用元はこちら

第94話:

ヨンジャはジスクにを産んだ母親なのではないかと尋ねるが、はっきりと否定される。一方、テソンを訪ねたボンイルは、「同じように娘を持つ父親として、ヨンジャに名乗り出ないでほしい」と頼んだ。

引用元はこちら

第95話:

テソンはジスクに、ヨンジャの実母が誰なのか気づいたことを告げる。そして、会長のもとを去らなければ実父のことも話すと脅した。その頃、イェラはもう一度ジウクを振り向かせるため、あることを考えていた。

引用元はこちら

第96話:

ビョンチョルはジスクの実の娘がヨンジャだと知り、今まで打ち明けられずに辛い思いをしただろうとジスクをいたわる。その頃、イ家で暮らし始めたヨンインは、テソンとイェラに認められず肩身の狭い思いをしていた。

引用元はこちら

第97話:

ヨンジャがソンジェと同じ職場で働いていたと知ったボンイルは、会社からヨンジャを連れ帰ってしまう。一方、イェラはジスクが電話でヨンジャのことを話すのを聞き、相手がヨンジャの父親だと察する。

引用元はこちら

第98話:

テソンが実父だと知り、衝撃を受けるヨンジャ。イェラもまた、捜していたジスクの昔の交際相手がテソンだったと気づいて激しく動揺していた。そしてボンイルとハナは、ヨンジャが全てを知ってしまったことを悟る。

引用元はこちら

第99話:

ジスクは、テソンがかつて裏金用に使っていた借名口座の通帳をジウクに託す。一方、ヨンインは結婚式の日取りを決めたいと息巻くミランと共に実家を訪れるが、テソンとヨンジャの関係を知るハナは言葉を濁した。

引用元はこちら

第100話:

ヨンインはイ家へと帰る途中、ヨンジャとソンジェに出くわす。ソンジェを見て、ボンイルの病院で亡くなった産婦の夫だと気づいたヨンインは、ヨンジャを家に送り届けたソンジェを呼び出し、2人の交際に反対する。

引用元はこちら

第101話:

ビョンチョルがヨンジャに株を譲渡しようとしていると聞きつけたテソン。受け取るつもりなのかとヨンジャを問い詰めるが、彼女は質問には答えず「二度と父を苦しめないでほしい」とくぎを刺した。

引用元はこちら

第102話:

ヨンジャがボンイルの娘だと知ったヒョンスンは、激怒してヨンジャを家から追い出す。翌日、ボンイルとハナは再びヒョンスンを訪ね、ヨンジャが来ても病院での事故のことは言わないでほしいと懇願する。

引用元はこちら

第103話:

ボンイルとハナは、ヨンジャが再びソンジェの家に行ったことを知り、言うことを聞かないヨンジャを叱責する。何も理由がわからないヨンジャは、諦められないと涙ながらに訴えるが聞き入れてもらえない。

引用元はこちら

第104話:

自分が取り上げた子供がユチェだったと知ったヨンジャは、その事実を受け入れられずショックのあまり家を飛び出してしまう。そして彼女は室長室を訪ね、ソンジェにユチェが生まれた病院を尋ねる。

引用元はこちら

第105話:

テソンとイェラがヨンジャのことを話しているのを聞いたミランは、テソンへの不信感を募らせる。一方、父親の度重なるナ家への仕打ちが納得できないソノは、テソンとの激しい口論の末、家を出ていくと言いだす。

引用元はこちら

第106話:

テソンは株を譲るようヨンジャに詰め寄った。その様子を目撃したボンイルは激高し、テソンの胸ぐらを掴んで抗議する。そして、テソンを相手に訴訟を起こし、ビルの売買の件を公にする決心をした。

引用元はこちら

第107話:

ソンジェは事故に遭うが一命を取り留め、ヒョンスンやジウクらは安堵する。ガプチョルがソンジェに渡した書類を奪い取ったテソンだが、ソンジェの事故について秘書と話しているのをイェラに聞かれてしまう。

引用元はこちら

第108話:

ソンジェは、ガプチョルから受け取った書類を撮った写真をテソンに突きつけるが、彼は身に覚えがないとしらを切る。一方、ミランはヨンジャがテソンの娘なのかどうかを確かめるため、ジスクとヨンジャを呼び出す。

引用元はこちら

第109話:

両親の口論を聞き、ヨンジャがテソンの娘だと知ったソノ。ヨンインが心配でナ家の前まで行くが、ヨンジャと顔を合わせてしまい、気持ちの整理がつかずに立ち去る。翌日、ヨンジャはソンジェの病室を訪れるが…。

引用元はこちら

第110話:

テソンは受け取った株を譲渡するようヨンジャに迫るが、逆に社長を解任するつもりだと脅された。テソンはヨンインに会い、ヨンジャを説得して委任状にサインをさせたら、ソノと暮らすことを認めてやると持ちかける。

引用元はこちら

第111話:

ジスクの過去をテソンから聞かされたビョンチョルは倒れてしまい、病院に運ばれ緊急手術を受ける。一方、祖父が倒れる前にテソンと会っていたことを知ったジウクは、刑務所に送ってやるとテソンに迫った。

引用元はこちら

第112話:

テソンとジスクの会話を聞いて裏金のことを知ったヨンジャはソンジェに報告しにいくが、2人はぎくしゃくしたままだ。一方、テソンはビョンチョルが倒れたことを利用し、次期会長になるための裏工作を始めていた。

引用元はこちら

第113話:

病院のロビーで倒れたテソンは、精密検査を勧める医者を無視して帰宅する。医者の話を聞いたヨンジャは、テソンがパーキンソン病なのではと思う。そしてイェラに、テソンを病院へ連れていくよう忠告するが…。

引用元はこちら

第114話:

体調に不安を抱えるテソンだが、株主たちの接待を続け酒の席をハシゴ。ジウクとソンジェも、テソンの暴走を止めるため株主たちと会い続けていた。一方、ヨンジャはヒョンスンからユチェを助けたことを感謝される。

引用元はこちら

第115話:

テソンが逮捕され、ミランやヨンインらは動揺する。取り調べ後に釈放されたテソンは、ある書類を取りに帰宅。ソノにこれ以上、人を傷つけないよう説得されたテソンだが、聞く耳を持たず会社へと向かう。

引用元はこちら

第116話:

テソンがビョンチョルの首を絞める姿を目撃し、驚いて止めに入るイェラ。泣きながら立ち去ろうとするが、テソンが倒れてしまう。帰宅したビョンチョルは、ジスクが置き手紙を残しのもとを去ったことに気づく。

引用元はこちら

第117話:

テソンの策略によりビョンチョルが警察に連行された。ジウクは、必ず悪行を暴いてやるとテソンに詰め寄る。テソンがパーキンソン病だと知った家族は、治療を受けるよう説得するが、テソンは耳を貸さない。

引用元はこちら

第118話:

ジスクが検察に出頭するのを阻止したいテソン。ヨンジャはジウクから聞いた手掛かりを頼りに、ジスクの故郷へ向かった。一方イェラは、「ジスクを見つけたら始末しろ」とテソンが電話で指示するのを聞いてしまう。

引用元はこちら

第119話:

ヨンジャとジスクがテソンの手下の男たちに連れ去られそうになるが、そこに検察がやってきて、背任や横領などの罪でテソンを逮捕した。そして、ソンジェをかばってけがをしたヨンジャは病院に運ばれる。

引用元はこちら

第120話:

イェラが検察に帳簿を渡したと知り落胆したテソンは、素直に連行される。ヨンジャを訪ねたソンジェは、夢を諦めの居場所を取り戻してほしいと告げる。1年後、ヨンジャは医師への道を順調に進んでいた。

引用元はこちら

もう一度始めようのキャスト

役名 俳優名
ナ・ヨンジャ パク・ミンジ
ハ・ソンジェ John-Hoon
カン・ジウク パク・ソンホ
イ・イェラ コ・ウリ

もう一度始めようの主題歌・OST

Disc1
どうしよう愛したみたい – ミン・セヨン
僕の昔の話 – Achtung
相変わらず僕は – キム・ヨンジン
愛してるから – ソン・ハイェ
あなたに会おうと – Woo Eun Mi
生きていくことができることも – ソン・ジニョン
見送っても見送れない – ノラゾ
鳥のように – ACOUSWEET
行かないで – The Daisy
彼女に合う場所100m前 – 赤い椅子
グッバイ – オム・ジヒ
少しも消せないの – BBAHN
プレゼント – 2LSON
時間が経ったら一度くらいは – チョン・スルギ
近づいたら – タルダ
11時11分 – BoK
愛したまま恋しいまま – カン・ソンホ
あなただからMissig You – bubbledia
言えなくて – ユンビナラ
風邪みたい – ミスティ
誰かを愛すなら – Woo Yi Kyung
その愛、この別れ – マゴルビ
頼みがあるんだ – オ・ユジュン
胸に風邪が吹く日 – キム・デフン
言いたいのに
会いたい聞きたい – ヘイジュル
error: コンテンツを保護しています。
タイトルとURLをコピーしました