魔女の城のフル動画を1話から最終話まで無料視聴できるサイト

一つの韓国ドラマをきっかけに、韓流作品にハマってしまった。あなたもそんな一人ではないでしょうか。

この記事では、「魔女の城」の日本語字幕版を無料視聴する方法や各話のあらすじ、キャストの情報など、本作品の情報を余すことなくまとめています。

魔女の城

魔女の城は、U-NEXT で配信中。初回無料お試しを利用すれば、31日間無料で視聴できます。

\ 31日間無料トライアル実施中 /
2020/12/12の情報を元に作成しています。現在は配信していない可能性もあるので、最新の情報は、各動画配信サービスの公式サイトで確認してください。

魔女の城は全話無料で視聴できる?

U-NEXT やFODなど、当サイトで紹介している動画配信サービスでは、初回無料お試しを利用することが可能。

そのお試し期間を利用すれば、魔女の城を全話無料で視聴することができます

ただし、動画配信サービスによって、配信状況や無料お試し期間が異なるので、事前に確認してから契約することをおすすめします。

\ 読み飛ばしボタン /

配信状況と無料お試し期間をチェック

  魔女の城は日本語字幕・吹き替えで視聴できる?

字幕
吹替 ×
U-NEXT の配信状況
ほとんどの韓国ドラマは、日本語字幕版のみ配信されており、日本語吹替版はほんの一握りしかありません。
魔女の城のU-NEXT での配信状況を確認したところ、上の表のような結果になりました。

  魔女の城をYouTube、Dailymotion、Pandraで視聴するのは危険

魔女の城のみならず、様々な韓国ドラマや映画がYouTubeやDailymotion、Pandraにアップロードされていることがありますが、それらを視聴することはおすすめしません。

なぜなら、ほとんどの場合が、非公式で違法アップロードされた動画だから。

また、画質や音質が悪かったり、各話(エピソード)を一つずつ探さないといけない手間もあるため、当サイトでは、U-NEXT やFODなどの動画配信サービスでの視聴をおすすめしています。

  魔女の城を配信しているVOD一覧

大手動画配信サービスでの魔女の城の配信状況は、このようになっています。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
FOD
Hulu ×
dTV

動画配信サービスごとに、料金やサービス内容、無料お試し期間がことなるので、そこを詳しくみていきましょう。

U-NEXT

月額料金 1,990円
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 5.0

配信作品を確認

韓国ドラマを見るなら、U-NEXT !と言っても過言ではないほど、U-NEXT は韓国ドラマが充実しています。

韓国ドラマ作品数は、700作品以上となっており、他の動画配信サービスと比較しても圧倒的の多さ。

無料お試し期間も 31日間長く、ドラマ数作品を全話見られるのでおすすめ♪

また、家族で最大4名までアカウントを分け使え、実質一人当たり約500円で利用できるので、家族で使うならめちゃめちゃお得です。

FOD

FODバナー
月額料金 [fod_price]
無料期間 2週間
ダウンロード ×
韓国ドラマ配信数 4.0

FODは、U-NEXT に次いで韓国ドラマの配信数が多く、料金も安いので、安く利用料を安く収めたい人におすすめ。

無料お試し期間は  2週間と若干短いですが、集中して時間を取れる人なら十分ではないでしょうか。

Hulu

Huluバナー
月額料金 923円
無料期間 2週間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 2.0

Huluでも韓国ドラマを可能。月額料金が比較的安く、ダウンロード機能もあるため、安くてデータ通信料を抑えることができます。

ただし、韓国ドラマの配信数はそこまで多くないため、海外ドラマや洋画など、他のジャンルも合わせてみたい場合におすすめです。

無料お試し期間は  2週間ですが、期間中は対照作品が全て見放題なので、無料で様々なジャンルを楽しむことができます。

dTV

dTVバナー
月額料金 [dtv_price]
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 3.0

dTVは、当サイトで紹介している中で、一番月額料金が安い動画配信サービスです。

韓国ドラマもそれなりの数を配信しているので、料金とスマホのデータ通信量を抑えたいコストパフォーマンス重視の日知のおすすめです。

無料お試し期間も 31日間と長く、映画やアニメなど、様々なジャンルの動画も視聴できるため、無料お試しだけでも利用してみる価値はあります。

魔女の城のあらすじ

コン・ジュニョンとオ・ダンビョルは結婚を目前にしているが、ジュニョンの母親・ホドクは2人の結婚に猛反対。ダンビョルは幼い頃、火事で両親を亡くしホドクに引き取られた過去があった。一方、ホドクの娘・セシルは夫と離婚し、息子を連れて帰国してくる。

引用元はこちら

第1話:

ジュニョンはダンビョルとの結婚を間近に控えているが、母親のホドクに猛反対されていた。ホドクは幼い頃に火事で両親を亡くしたダンビョルを引き取り世話をしてきたが、息子との結婚は諦めてくれと彼女に懇願する。

引用元はこちら

第2話:

ジュニョンの深い愛でダンビョルの不安は失せ、結婚式当日を迎える。ジュニョンを一方的に慕うヒジェは、なぜ結婚するのかと詰め寄る。ジュニョンの父・ナムスは妻と離婚し、愛人・ミレと一緒になろうとしていた。

引用元はこちら

第3話:

救急搬送されたガンヒョンは手術を終えて目を覚ます。付き添いのカン会長は彼に、誰が止血してくれたのだと聞く。一方、ジュニョンとダンビョルは新婚旅行に出かけた。その頃、ナムスはホドクに離婚を切り出すが…。

引用元はこちら

第4話:

命の恩人であるダンビョルを捜すガンヒョンは、ウエディングドレスを着ていたのを思い出し結婚式場を当たる。ダンビョルは義父・ナムスの会社へ結婚の挨拶に行き、そこで愛人・ミレと抱き合っている姿を見てしまう。

引用元はこちら

第5話:

ナムスはとうとう家を出てしまった。ダンビョルはミレに会い、義父と別れてほしいと懇願。ミレはダンビョルに結婚祝だと言ってブレスレットを手渡すが、その様子をホドクが目撃し、ミレとダンビョルの仲を誤解する。

引用元はこちら

第6話:

ホドクはミレを訪ね、別居してもお金は一銭も渡さないと告げる。国際結婚をしたホドクの娘・セシルは離婚して帰国し、幼い息子とサウナ暮らしをしていた。一方、ジュニョンはミレの策略を調べ上げたが…。

引用元はこちら

第7話:

ジュニョンの葬儀で、ホドクは息子を生き返らせろとダンビョルを激しく責めたの起こした火事で両親を失い、夫をも亡くしたダンビョルは自責の念に苦しむ。一方、ホドクはナムスとの離婚を承諾するが…。

引用元はこちら

第8話:

あれから3年の月日が流れた。ダンビョルはセシルの息子・レオを連れてスーパーのアルバイトに向かう。そこでスリに遭った女性と出くわし犯人を追いかけるが、ガンヒョンを犯人と勘違いして暴力を振るってしまう。

引用元はこちら

第9話:

時計を壊されたガンヒョンはダンビョルに800万ウォンを請求。減額を請われるがガンヒョンは応じない。一方、ホドクはナムスが返すべき借金をなすりつけられ家が競売にかけられると知り、ナムスのもとへ殴り込む。

引用元はこちら

第10話:

イベントコンパニオンのアルバイトが入り、ガンヒョンとの約束を断るダンビョル。その後、セシルの使いで書類を届けた高級クラブでガンヒョンと出くわす。ガンヒョンはダンビョルの派手な格好に誤解して激怒する。

引用元はこちら

第11話:

セシルを留置所から出すため、ミレの要求をのんで家を手放す決心をするホドク。ダンビョルは、電話で知り合いにお金の無心をするホドクを見て胸を痛めた。一方、父の会社で働くヒジェの軽率な行動で騒動が起きる。

引用元はこちら

第12話:

ガンヒョンとヒジェは仕事の進め方で激しく言い争っていた。その様子をヒジェの祖母・チョン女史が目撃し、孫を溺愛する彼女はガンヒョンを罵倒。ガンヒョンは謝ったものの、いら立ちを抑え切れず泥酔する。

引用元はこちら

第13話:

ガンヒョンに時計代を払いにいったダンビョルだが、心無い言葉を浴びせられる。一方、新居に引っ越すまでサウナで過ごしているホドク一家だが、セシルとレオはサウナ暮らしに我慢できず、ダンビョルの家を訪ねる。

引用元はこちら

第14話:

家を借りるための金をひったくられたホドクは、恥を忍んでナムスに借りにいくが、金を貸す条件としてミレに謝罪するよう言われる。ホドクは怒り、ソウル駅で暮らすことになってもナムスから金は受け取らないと言う。

引用元はこちら

第15話:

警察から連絡を受け、ガンヒョンとの約束を忘れセシルと一緒にホドクを迎えにいくダンビョル。ホドクを家に連れて帰るが、彼女はダンビョルの世話にはならないと意地を張り、セシルとも口論になってしまう。

引用元はこちら

第16話:

勤め先のスーパーをクビになったダンビョル。ホドク一まで生活費を稼がねばならないため課長に交渉するが話にならない。ショックを受け、酔って帰宅したダンビョルはホドクに胸の内をぶつけるが…。

引用元はこちら

第17話:

ミレに金を突き返したものの、傷ついたホドクとセシルは口論になってしまう。眠りについたホドクだが夜中にレオの異変に気づき、起きないセシルの代わりにダンビョルを起こして一緒に病院へ向かう。

引用元はこちら

第18話:

ガンヒョンに出くわしたダンビョルはUSBメモリの件を改めて謝るが、嫌みたっぷりの返答に腹を立てる。一方、ヒジェはガンヒョンにダンビョルとの関係を尋ねるが、彼が何も答えないのでますます気になってしまう。

引用元はこちら

第19話:

直属の上司がガンヒョンとヒジェだと知り、驚きを隠せないダンビョル。同僚にはコネで入ったと目の敵にされ、ヒジェには出ていけと言われ、ガンヒョンにはレシピを疑われるなか、ダンビョルの会社員生活が始まった。

引用元はこちら

第20話:

ダンビョルはレシピに書いたキノコのソースを作るようガンヒョンに言われるが、どうしても火を使うことができない。火が使えないと進め続けるのは無理だと自信をなくすが、グスルに励まされてやる気を取り戻す。

引用元はこちら

第21話:

免許証を返しにきたサングクはホドクが会社の人間に文句を言われているのを見て、金に困っているのではないかと心配する。一方、初めての審査が近づいたダンビョルとグスルは、毎日ソースの改良に余念がない。

引用元はこちら

第22話:

自分たちのソースの味が明らかに昨日とは変わっていたため、誰かが手を加えたと主張するダンビョル。しかしガンヒョンに同僚を疑うのかと問われ、返す言葉がない。グスルはスンシムの行動から彼女を疑い始める。

引用元はこちら

第23話:

ヒジェは、成功したいなを利用するようにとガンヒョンに話すが、その気はないと拒まれる。一方、夢の中でうなされながら母を呼ぶガンヒョンを見たダンビョルも、ガンヒョンのことが気になってしまう。

引用元はこちら

第24話:

ヒジェたちのソースのラベルと貼り替えようとしたのを見たダンビョルは、実力がないなら辞職するが、こんな形では絶対に負けないと宣言する。ダンビョルは、なぜヒジェがそこまを嫌うのか理解できない。

引用元はこちら

第25話:

1次審査を前にソースの研究に必死のダンビョルは、休日も出勤して完成を目指す。彼女は体調不良のレオが離れたくないと言うので会社に連れてきたが、倒れてしまう。ガンヒョンがレオを病院へ運び事なきを得るが…。

引用元はこちら

第26話:

ヒジェとガンヒョンの話を偶然聞いてしまったダンビョルは、ますますヒジェの怒りを買う。ラー油香味ソースに足りない何かを探していたダンビョルは、ガンヒョンのヒントをもとについに完成させた。

引用元はこちら

第27話:

ダンビョルは火をつけたことで過去のショックが蘇り気を失ってしまう。ヒジェは彼女を辞職させるべきだと主張するが、ガンヒョンに任せてほしいとサングクに話す。ダンビョルは病院でも混乱状態が続いていた。

引用元はこちら

第28話:

会社を辞めたダンビョルは、なぜ両親が火事で死んだ時も死なせてくれなかったのかとホドクに辛く当たる。一方、ヒジェに家を出たいと言われたサングクは、ガンヒョンにヒジェと付き合ってくれないかと頼む。

引用元はこちら

第29話:

ホドクのおかげでもう一度チャンスを得たダンビョルだが、また同じ目に遭うのではと逡巡。それをダンビョルから聞いたホドクはの気持ち次第でどうにでもなると励まし、2人のわだかまりは解消し始める。

引用元はこちら

第30話:

グスルが腹を壊した原因がスンシムの仕業だと知ってショックを隠せないダンビョル。スンシムに話を聞こうとするが、逆に罵られてしまう。焦ったスンシムはヒジェに助けを求めるが、冷たくあしらわれる。

引用元はこちら

第31話:

泥酔してダンビョルに家まで送ってもらったガンヒョンだが記憶がなく、ダンビョルのマフラーをしている理由もわからない。一方、スンシムの行動はヒジェの指示だと考えたダンビョルだが、公にしないことにする。

引用元はこちら

第32話:

試食会に出す料理を運ぶ途中、エレベーターが故障して閉じ込められたダンビョルとガンヒョン。ようやく扉が開いた瞬間、外で待っていたヒジェは2人の様子を見て激しい嫉妬を覚え、ダンビョルに暴言を浴びせる。

引用元はこちら

第33話:

ジュニョンの誕生日を迎え、ダンビョルもホドクも辛い気持ちを何とか紛らわせようとするが、気持ちがすれ違いまたも衝突してしまう。しかし、互いの思いをぶつけ合った2人は今度こそ和解へと前進する。

引用元はこちら

第34話:

ようやくわだかまりの解けたダンビョルとホドクは、初めて一緒にジュニョンの納骨堂に行き、ジュニョンを死に追いやった犯人を見つけようと誓う。一方、ナムスはミレからホドクに恋人ができたと聞かされるが…。

引用元はこちら

第35話:

レストランの前でのやり取りを見ていたサングク。グムオクに急用で行けなくなったと連絡を入れ、ホドクに気晴らしをさせようとゲームセンターに連れていき、ホドクが浮気されただけでなく家まで奪われたことを知る。

引用元はこちら

第36話:

ダンビョルに対する感情に戸惑うガンヒョンは、フンナムと親しそうに話しているダンビョルに嫉妬してしまう。またガンヒョンは、友達に会う時も無理やりついてきたりするヒジェが少しずつ負担になってくる。

引用元はこちら

第37話:

ガンヒョンのダンビョルへの想いを聞いたヒジェは、またもやダンビョルに好きな男性を奪われることが許せず、彼女にさらに辛く当たる。そんなヒジェをガンヒョンは諭すが、ヒジェはそんなガンヒョンに憤る。

引用元はこちら

第38話:

思いもしなかったガンヒョンの言葉に動揺するダンビョル。一方、思い切ってガンヒョンの家に行ったにもかかわらず拒絶されたヒジェはショックで睡眠薬を飲んでしまい、翌日目を覚まさないまま病院に運ばれる。

引用元はこちら

第39話:

ヒジェに押し切られて婚約することになったガンヒョンだが、ダンビョルへの気持ちを整理できずにいた。そんな彼にダンビョルは婚約祝いの言葉を伝えた。ダンビョルのメニューは、中国で売り上げのトップ3に入る。

引用元はこちら

第40話:

ホテルに駆けつけたガンヒョンは、部屋に連れ込まれそうになるダンビョルを救い出した。休日に呼ばれたからとホテルに行くなどあり得ないと声を荒らげるガンヒョンに、ダンビョルはショックを隠し切れない。

引用元はこちら

第41話:

倒れたダンビョルを介抱するガンヒョンを見たヒジェは彼を責めるが、「君で責任を取れと言ったためにこうなった」と逆に非難される。ホテルでの一件は中国側から正式に謝罪があり、ダンビョルは安堵した。

引用元はこちら

第42話:

ガンヒョンを離したくないヒジェは「今月中に婚約式をしたい」と言うが、焦るヒジェにグムオクもサングクもいい顔をしない。一方、ガンヒョンも気持ちをコントロールできなに戸惑い、神経精神科医へ行く。

引用元はこちら

第43話:

全てはヒジェが仕組んだことだと判明した。ダンビョルを会社から追い出すためにやったと言うヒジェに、ダンビョルは「あなたも破滅への道を歩んでいる」と言い、ガンヒョンはヒジェに婚約を考え直したいと告げた。

引用元はこちら

第44話:

あなたのせいで婚約が破談になりそうだとヒジェに責められたダンビョル。彼女は、ガンヒョンのせいで何人もが苦しんでいるから予定どおり婚約しろと言うが、心にもない結婚をしろというのかとガンヒョンを怒らせた。

引用元はこちら

第45話:

ダンビョルに向かって車を走らせたヒジェだが、寸前でブレーキを踏み、ガンヒョンがダンビョルを助けたことから大事には至らなかった。しかしその後、サングクはヒジェが車でダンビョルに突っ込む映像を見る。

引用元はこちら

第46話:

ガンヒョンは、ヒジェとの関係にけじめをつけるまで待ってほしいとダンビョルを抱き締める。一方、サングクからヒジェが犯した罪を聞かされたグムオクは、ガンヒョンのことを忘れろとヒジェを説得するが…。

引用元はこちら

第47話:

グムオクがガンヒョンとダンビョルを家に呼びつけたと知り、グムオクを責めるヒジェ。ガンヒョンを訪ねて泣きながらひざまずき、そんなヒジェを見たダンビョルは、いたたまれずガンヒョンの家を飛び出す。

引用元はこちら

第48話:

サングクがMCグループの会長だと知ったホドクはの嫁がダンビョルで、ヒジェにひどい仕打ちをされたと訴え、サングクは返す言葉を失う。一方、ダンビョルはヒジェの提案で海外の料理学校に行くことを決めた。

引用元はこちら

第49話:

ガンヒョンと抱き合っている姿をホドクに見られたダンビョルだが、心が揺れただけだと彼への気持ちをごまかす。シンガポールに行く決心をしたダンビョルはガンヒョンに、個人的に会うことはやめようと告げた。

引用元はこちら

第50話:

ダンビョルは、今後の気持ちに正直に生きるとガンヒョンと約束。そしてヒジェにガンヒョンを愛していると告げた。これに激高したヒジェはガンヒョンにの持つ全ての力を使って失脚させてやると宣言した。

引用元はこちら

第51話:

ミレは、グムオクをサングクとホドクが会っている所へ連れていっただけでなく、「ホドクに下心があってグムオクの運転手になったのではないか」と言う。一方、ホドクは全てがミレの仕業だと気づき、ミレの家へ行く。

引用元はこちら

第52話:

ジュニョンが買ってくれたハイヒールを前に、ほかに好きな人ができたからと忘れてしまったらかわいそうだと泣くダンビョル。ガンヒョンはがダンビョルを守ると報告するからジュニョンの納骨堂に行こうと誘う。

引用元はこちら

第53話:

ホドクがグムオクの運転手だと知ったダンビョル。ホドクにサングクと幸せになってほしいと願うが、グムオクの気持ちもわかると話すホドクを前に心が痛む。一方サングクは、グムオクを解任するつもりだと知る。

引用元はこちら

第54話:

ホドクに別れを告げられたサングクは体調を崩した。ヒジェの母親に別の男がいたと知ったグムオクはサングクに問いただすが、彼は笑って否定する。一方、ダンビョルはヒジェが副社長になったと聞いて不安を覚える。

引用元はこちら

第55話:

サングクと一緒になりたいとひざまずくホドクにグムオクは、「私はサングクのやることに口は出せないから好きにすればいい」と遠回しに認める。それを聞いたヒジェは、「絶対に認められない」と部屋を飛び出した。

引用元はこちら

第56話:

サングクの両親が眠る場所をサングクと訪れたホドクは、これからが彼を大切にしますと声をかける。そしてグムオクを訪ね、「サングクがあなたを実の母のように思っているから一緒に暮らしたい」と申し出る。

引用元はこちら

第57話:

ナムスの乱入により結婚式はめちゃくちゃになり、ホドクとミレの関係を知ったグムオクは「この結婚はなかったことにする」と激怒。ダンビョルとセシルは、気を失ったホドクを連れてサングクの家に行くが…。

引用元はこちら

第58話:

騒ぎを起こして警察署にいたダンビョルとヒジェを迎えに来たサングク夫婦とガンヒョン。ヒジェはダンビョルを気遣うホドクとガンヒョンを見て走り去り、追いかけてきたホドクに私は誰にも愛されていないと泣き叫ぶ。

引用元はこちら

第59話:

結局ダンビョルは試食会に現れず、チキンカフェは保留となる。ガンヒョンは食材倉庫で倒れているダンビョルを見つけ病院へ運ぶが、容体は思わしくない。ヒジェはダンビョルを妨害できたことに浮かれて帰宅するが…。

引用元はこちら

第60話:

一生足が動かない可能性があるとヒジェから聞かされて衝撃を受けるダンビョル。ガンヒョンはヒジェを病室から連れ出し、身も心も怪物になったと言ってヒジェを罵倒する。一方、ダンビョルは自暴自棄になるが…。

引用元はこちら

第61話:

ヒジェに会ったダンビョルは、もし今回の事故にもヒジェが関わっていたら絶対に許さないしの手で犯人を捕まえて罪を償わせると宣言。ヒジェはやってみればいいと返答するが、心中穏やかではない。

引用元はこちら

第62話:

サングクがダンビョルを家に連れてきたため、グムオクがそれなが出ていくと荷物をまとめるが、ヒジェが我慢すれば済むことだとグムオクをなだめる。そんなヒジェの対応にサングクもホドクも驚くが…。

引用元はこちら

第63話:

ダンビョルとガンヒョンはミレとヒジェの会話を聞いて事故と無関係だったと気落ちするが、それは全て尾行されていると知ったヒジェとミレの芝居だった。しかし、録音の内容を聞いていたダンビョルが2人を怪しむ。

引用元はこちら

第64話:

ダンビョルの事故がヒジェとミレが仕組んだことだと知ったホドクは2人に詰め寄るが、ヒジェは突っぱねる。ショックを受けたホドクは罪を償わせようとするが、ヒジェにひざまずかれ何も言えなくなってしまう。

引用元はこちら

第65話:

グムオクに聞かれるとは思っていなかったダンビョルは責任を感じるが、犯人に罪を償わせると言い切ったガンヒョンの言葉に気持ちを新たにする。一方、グムオクは、ヒジェに警察に自首して罪を償うよう説得するが…。

引用元はこちら

第66話:

ホドクの口からヒジェを許してあげてと聞くとは夢にも思わなかったダンビョルは、これがセシルでも同じことが言えるのかと彼女をなじる。そして、出ていかないなが出ていって屋上から飛び降りると言い放つ。

引用元はこちら

第67話:

チャン秘書から会社の実情を聞いたグムオクは、ヒジェに会社の実権をサングクに戻して経営から手を引くように言う。しかしヒジェは、仕事を失うぐらいならサングクに全てを話して警察に行った方がましだと答える。

引用元はこちら

第68話:

自分の事故のせいでホドクが家を出たことを知ったダンビョルは、グムオクに「ヒジェを許すことにしたからホドクとサングクが一緒にいられるよう力を貸してほしい」と頼む。サングクはホドクを連れ戻しにいくが…。

引用元はこちら

第69話:

自殺しようとしたヒジェは、ダンビョルに引き止められるがそのまま意識を失う。ヒジェが事故の犯人だと知り、ホドクが家を出た理由を悟ったサングクは酔って屋根部屋に会いにいき、心からホドクに謝罪する。

引用元はこちら

第70話:

ダンビョルが姿を消してから1年。ホドクはサングクと改めて一緒になり、セシルは親戚としてグムオクの家に自由に出入りするようなる。一方、ガンヒョンはダンビョルを待ち続け、苦しい日々を過ごしていた。

引用元はこちら

第71話:

店でダンビョルに会ったヒジェは激しく動揺するが、ダンビョルはヒジェを見ても何の反応も示さない。混乱したヒジェは一度店を出るが、再びダンビョルの様子を見るために戻り、彼女が記憶喪失ではないかと考えた。

引用元はこちら

第72話:

再会したダンビョルを抱き締めるガンヒョンだがのことが全くわからない彼女にショックを受ける。知らせを受けてホドクとセシルも店に駆けつけるが、ダンビョルには他人でしかないようだった。

引用元はこちら

第73話:

嫌がるダンビョルをガンヒョンは連れて帰ろうとし、それを見たテウォンに彼女を愛しているのかと問われ、テウォンを殴ってしまう。しかし、テウォンの心配ばかりするダンビョルにガンヒョンはショックを受ける。

引用元はこちら

第74話:

自分のことを全く覚えていないダンビョルにショックを受けたままガンヒョンは飲みにきた。店で会ったヒジェはダンビョルを心配しているようだが、憎しみは簡単に消えるものではないから疑わしいと彼女に問う。

引用元はこちら

第75話:

ダンビョルとテウォンを招待したグムオクは、一緒に来たガンヒョンを見て態度を固くする。テウォンはガンヒョンとヒジェの関係を知り、ガンヒョンはテウォンばかり気にかけるダンビョルを見て複雑な気持ちになる。

引用元はこちら

第76話:

ダンビョルを挟んで対立するガンヒョンとテウォン。記憶喪失でも彼女の心にいるのだと言うガンヒョンに、それはただの希望だと返すテウォン。一方、ヒジェはテウォンにビジネスパートナーになろうと提案する。

引用元はこちら

第77話:

テウォンがMCグループに出向してきた。同じ職場で働けると喜ぶダンビョルを見てガンヒョンは動揺を隠せない。テウォンは露骨に対抗意識を見せるガンヒョンに、会長の判断を信じられないのかと挑発する。

引用元はこちら

第78話:

玄関のドアを開けたダンビョルを見たガンヒョンは、家の鍵のパスワードを思い出した彼女に喜びを隠せない。落胆させることになるかもしれないと言うダンビョルにへの気持ちは絶対に消えないと断言する。

引用元はこちら

第79話:

テウォンから事故の真相を聞いたダンビョルは、唯一頼れる存在だと思っていただけに衝撃を受ける。ガンヒョンは屋根部屋に行くがダンビョルの姿がなく、1年前にいなくなった時の状況と重なり不安を感じていた。

引用元はこちら

第80話:

事故の真相を知ったガンヒョンはテウォンに殴りかかり、警察に突き出そうとするがダンビョルに止められる。ガンヒョンは、「テウォンがいなければ生きられなかった」と彼をかばうダンビョルにショックを受けた。

引用元はこちら

第81話:

ンヒョンが海外に行くと知ったダンビョルはのせいかと問う。ガンヒョンは、「ダンビョルを傷つけるだけの今の状態が嫌だから行くがたちは絶対に別れられないから待つために行く」と答えた。

引用元はこちら

第82話:

全ての記憶を取り戻したダンビョルはガンヒョンに会いにいき、2人はお互いの気持ちを再確認する。その頃、会社にヒジェを訪ねたミレは、ガンヒョンの部屋で子供用の手編みのベストを偶然見つけて動揺していた。

引用元はこちら

第83話:

ガンヒョンと結婚するとダンビョルから聞いたテウォンは少なからずショックを受ける。しかし、記憶を失っていた1年間の心の傷を忘れさせてくれる休暇だったと彼女から聞き、安心して結婚を祝福する。

引用元はこちら

第84話:

ヒジェから思わぬ告白を受けたガンヒョン。明日になったら全て忘れてほしいと言われるが、それは執着だと告げる。ミレは全てを話そうとDNAの鑑定結果を手にガンヒョンを訪ねるが、冷たい態度を取られて傷つく。

引用元はこちら

第85話:

「ガンヒョンの息子だ」と明かすミレからDNA鑑定書も見せられ、ショックを受けるホドク。2人の結婚を止めてくれというミレに、苦難を乗り越えてやっとここまで来た2人を別れさせることはできないと拒む。

引用元はこちら

第86話:

ホドクに結婚を反対されたダンビョルとガンヒョンはショックを受ける。理由を聞く2人にホドクは真実を告げることができず、ヒジェを口実にし、少なくともヒジェの心の傷が癒えるまで結婚を延期するよう話す。

引用元はこちら

第87話:

ヒジェからガンヒョンの母親がミレだと聞いたダンビョルは動揺する。一方、ガンヒョンが息子だと知ったミレは今までの罪を思うと母親だと名乗り出られないとした上で、ダンビョルにガンヒョンと別れるよう告げる。

引用元はこちら

第88話:

なのベストを持っているのかと問いただすガンヒョンにが母親だと明かすミレ。今度は何をたくらんでいるのかと尋ねるガンヒョンにDNA鑑定の結果まで見せるが、彼は認めようとしない。

引用元はこちら

第89話:

ヒジェがミレのことを「お義母さん」と呼ぶのを見たダンビョルは、ガンヒョンを忘れたと言ったのはうそなのかと詰め寄る。ヒジェは、ミレがダンビョルを認めないと言っている以上はガンヒョンを諦められないと言う。

引用元はこちら

第90話:

ホドクはミレに、ヒジェを利用してダンビョルとガンヒョンを別れさせようとするのはやめろと警告。しかしミレは、ジュニョンとダンビョルの結婚を反対していたホドクにの気持ちがわかるはずだと言い返す。

引用元はこちら

第91話:

ミレをヒジェと結婚させMCグループの後継者にしようとしていると知ったガンヒョン。彼は会社を辞める決心をし、これを聞いたダンビョルはガンヒョンの気持ちが離れていく一方だと言うが、ヒジェは納得しない。

引用元はこちら

第92話:

ガンヒョンの心を掴みたいミレは自殺未遂を試み、ガンヒョンは彼女を助けるが心に深い傷を負う。苦しむガンヒョンを見たダンビョルは、会社を辞めて遠くへ行くのは簡単だが、後悔しないために考え直さないかと話す。

引用元はこちら

第93話:

ミレの病室の前まで来たが帰ろうとするガンヒョン。ミレが出てきて呼び止め、ずっと心配していたと言うが、ガンヒョンは心配している人間が5歳の息子を捨て、31年ぶりに現れて目の前で川に飛び込むのかと責める。

引用元はこちら

第94話:

グムオクはホドク、ダンビョル、ヒジェ、そしてミレの前でヒジェに渡す遺産はないと、弁護士が作成した遺言状を見せる。ミレは関係ないと言い張るヒジェに、グムオクは彼女のこれまでの行状を責めて突き放す。

引用元はこちら

第95話:

自分の力では何もできない悟ったミレは、ダンビョルの前にひざまずき、母親であることを放棄するからガンヒョンを引き止めてくれと懇願。二度と会えなくなるより遠くからでも見られる方がましだと言うが…。

引用元はこちら

第96話:

ダンビョルが昇進して会社に残ることになったため、精神的に追い詰められていくヒジェ。グムオクに対してもますます反抗的な態度を取るようになり、こんなことになるならなを育てたのかと盾突く。

引用元はこちら

第97話:

ガンヒョンとダンビョルはミレが怪しい男と会っているのを目撃。ナムスをだます算段をしている音声ファイルを聞かされたミレは、さらにお金を要求され窮地に陥る。ミレは仕方なく家を手放すことを決めるが…。

引用元はこちら

第98話:

全て息子のためだと、ガンヒョンと親子の縁を切る意志を表明するミレに、ホドクは他人の子を平気で苦しめるような人間の言葉は信じないと言い放つ。ホドクはジュニョンの事故の捜査の進展が気になり警察に向かう。

引用元はこちら

第99話:

ジュニョンの本の間から出てきたナムスの誓約書。ダンビョルはミレにどういうことかと尋ねるがはぐらかされる。それでもジュニョンが取っておいたのには理由があるはずだと思い、誓約書を渡すようにミレに言うが…。

引用元はこちら

第100話:

ミレを脅しにきた男を止めようとしたガンヒョンだが、男の言葉に戸惑う。ミレは警察に通報しようとするガンヒョンを止めるが、息子の前でこんな醜態をさらすなら、なぜ名乗り出たのかと責められ返す言葉もない。

引用元はこちら

第101話:

ガンヒョンとダンビョルの結婚式はヒジェのせいで台無しになってしまう。録音ファイルを聞いたナムスは、全てがミレの策略だったと知って怒りを抑えられず、ガンヒョンはナムスに罵られるミレを見て傷つくが…。

引用元はこちら

第102話:

ダンビョルたちとの食事の席で、ホドクに電話がかかってくる。聞いたことのない声でが録音ファイルを送った。ほかにもまだ隠された事実がある」とほのめかし、相手は一方的に電話を切った。

引用元はこちら

第103話:

ジュニョンの話を聞くため、怪しい電話の男に言われた場所に行くダンビョルとホドク。しかし2人を尾行していたミレが寸前に男を引き止め、対面を阻止した。帰宅したミレはナムスに離婚して家を出ていけと言われる。

引用元はこちら

第104話:

グムオクを捜しに外に出たホドクは、ミレに会いグムオクを見てないかと尋ねるが、ミレはとても本当のことを言えず、知らないと答える。家族総出でグムオクを捜すが行方は掴めず、ヒジェのせいだと泣き崩れる。

引用元はこちら

第105話:

ダンビョルは、電話でお金を払うと話しているミレの言葉を聞き、何のことかと尋ねるが、彼女はごまかす。ダンビョルはガンヒョンに、ミレが録音ファイルを送った男たちに脅迫されているのではないかと話すが…。

引用元はこちら

第106話:

ミレが自殺未遂を図ったと聞いたダンビョルとガンヒョンは病院に急行する。ナムスから理由を聞いたガンヒョンは、隠し事はないと言っていたのに、うそをついていたことを知って大きなショックを受ける。

引用元はこちら

第107話:

ダンビョルは、ガンヒョンが老人ホームへ行ったと聞いてから動揺を隠せないミレを不審に思う。ガンヒョンは「誘拐していない」と言うミレに、老人ホームの監視カメラに闇金の男とミレがはっきり映っていたと告げる。

引用元はこちら

第108話:

ダンビョルとガンヒョンがこれ以上傷つくことを望まないから、この件はもう終わりにしようと言うサングク。しかし、ヒジェはどんなことがあってもグムオクを誘拐した犯人たちに罪を償わせると言って譲らない。

引用元はこちら

第109話:

念書をジュニョンが持っていたことがナムスとホドクにまでばれてしまうが、ミレは何とかごまかした。ナムスとホドクは、ミレが財産目当てでナムスと結婚したことをジュニョンが知っていたことにショックを受ける。

引用元はこちら

第110話:

グムオクが持っていた携帯電話にあった映像を見たガンヒョンは、あまりのショックに言葉を失った。ヒジェが部屋に入ってきたため、ガンヒョンはとっさに携帯をポケットにしまい出ていこうとするが…。

引用元はこちら

第111話:

ホドクは警察から連絡を受け、ジュニョンの事件の容疑者とグムオクの誘拐事件の容疑者が同一人物だと聞かされる。そして容疑者との関連が疑われるミレを呼んで取り調べをする予定だと聞き、驚きを隠せない。

引用元はこちら

第112話:

ヒジェはガンヒョンの家を訪ね、グムオクの携帯電話を返してほしいと言う。ダンビョルはガンヒョンが人の物を奪うような人間ではないと怒るが、ヒジェはミレと関連する物ならあり得ると言って引かない。

引用元はこちら

第113話:

携帯電話を奪おうとした男に殴られ病院に運ばれたガンヒョン。駆けつけたダンビョルは、手術室の前で彼を助けてほしいと懇願。ミレも悲しみに暮れるが、刑事が現れ、ジュニョンの事件の参考人として彼女を連行する。

引用元はこちら

第114話:

携帯の動画を見たダンビョルは衝撃を受けミレに詰め寄るが、ミレは全て闇金の連中が仕組んだことは無罪だと主張。それでも許せないと責める彼女に、ミレはガンヒョンのことを考え、動画の削除を頼む。

引用元はこちら

第115話:

携帯の動画をホドクとナムス、セシルに見せたとガンヒョンに告げ、別れを切り出すダンビョル。ガンヒョンは引き止めるが、「ジュニョンの死に苦しんできたホドクたちとジュニョンのことを思うと辛い」と彼女は拒む。

引用元はこちら

第116話:

ミレに叩かれたダンビョルを見たホドクは、我慢できずにダンビョルを家に連れてくる。追ってきたガンヒョンは彼女を連れて帰ろうとするが、「ガンヒョンのそばにいるとダンビョルが不幸になる」とホドクは許さない。

引用元はこちら

第117話:

2人の現実を目の前に突きつけられたガンヒョンは、ダンビョルの望みどおりに離婚を決意。家の前でガンヒョンの帰りを待っていたミレは、ガンヒョンからダンビョルと離婚すると言われショックを受ける。

引用元はこちら

第118話:

酒に酔い潰れたガンヒョンの姿を見て、ダンビョルは心を痛めたまま家を後にした。一方、お金を稼ぐためにアルバイトをしていたヒャンは、客ともめて相手に骨折させてしまい示談金が必要になる。

引用元はこちら

第119話:

ダンビョルの前にひざまずき、ガンヒョンを説得して病院へ連れていってくれと懇願するミレ。ダンビョルは戸惑うが、ホドクの息子を見殺しにしておいて助けてくれとは虫がよすぎるとミレを責める。

引用元はこちら

第120話:

ガンヒョンは、ミレが警察に拘束されたと聞いて会いにいく。ナムスに告訴を取り下げてくれるよう頼んでほしいと言うミレに、一度でいいから親として子供の前で正しい生き方ができないのかとガンヒョンは責めた。

引用元はこちら

第121話:

ダンビョルはガンヒョンと協議離婚の申請に家庭裁判所へ行き、帰りにジュニョンの納骨堂に寄り、「本当はガンヒョンと別れたくない」と吐露した。そしてガンヒョンが出国する日、ダンビョルは倒れて病院へ運ばれる。

引用元はこちら

第122話:

2年後。ダンビョルはMCグループの立派なチーム長になっていた。ガンヒョンはシンガポール勤務を終え、2人は会社で再会。ダンビョルは、顔も見せずにシンガポールへ行ったガンヒョンを責めるが…。

引用元はこちら

魔女の城のキャスト

役名 俳優名
オ・ダンビョル チェ・ジョンウォン
シン・ガンヒョン ソ・ジソク
ヤン・ホドク ユ・ジイン
コン・セシル シン・ドンミ

魔女の城の主題歌・OST

Disc1
Without you
error: コンテンツを保護しています。
タイトルとURLをコピーしました