朱蒙のフル動画を1話から最終話まで無料視聴できるサイト

一つの韓国ドラマをきっかけに、韓流作品にハマってしまった。あなたもそんな一人ではないでしょうか。

この記事では、「朱蒙」の日本語字幕版を無料視聴する方法や各話のあらすじ、キャストの情報など、本作品の情報を余すことなくまとめています。

朱蒙

朱蒙は、U-NEXT で配信中。初回無料お試しを利用すれば、31日間無料で視聴できます。

\ 31日間無料トライアル実施中 /
2020/07/22の情報を元に作成しています。現在は配信していない可能性もあるので、最新の情報は、各動画配信サービスの公式サイトで確認してください。

朱蒙は全話無料で視聴できる?

U-NEXT やFODなど、当サイトで紹介している動画配信サービスでは、初回無料お試しを利用することが可能。

そのお試し期間を利用すれば、朱蒙を全話無料で視聴することができます

ただし、動画配信サービスによって、配信状況や無料お試し期間が異なるので、事前に確認してから契約することをおすすめします。

\ 読み飛ばしボタン /

配信状況と無料お試し期間をチェック

  朱蒙は日本語字幕・吹き替えで視聴できる?

字幕 ×
吹替 ×
U-NEXT の配信状況
ほとんどの韓国ドラマは、日本語字幕版のみ配信されており、日本語吹替版はほんの一握りしかありません。
朱蒙のU-NEXT での配信状況を確認したところ、上の表のような結果になりました。

  朱蒙をYouTube、Dailymotion、Pandraで視聴するのは危険

朱蒙のみならず、様々な韓国ドラマや映画がYouTubeやDailymotion、Pandraにアップロードされていることがありますが、それらを視聴することはおすすめしません。

なぜなら、ほとんどの場合が、非公式で違法アップロードされた動画だから。

また、画質や音質が悪かったり、各話(エピソード)を一つずつ探さないといけない手間もあるため、当サイトでは、U-NEXT やFODなどの動画配信サービスでの視聴をおすすめしています。

  朱蒙を配信しているVOD一覧

大手動画配信サービスでの朱蒙の配信状況は、このようになっています。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
FOD ×
Hulu
dTV

動画配信サービスごとに、料金やサービス内容、無料お試し期間がことなるので、そこを詳しくみていきましょう。

U-NEXT

月額料金 1,990円
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 5.0

配信作品を確認

韓国ドラマを見るなら、U-NEXT !と言っても過言ではないほど、U-NEXT は韓国ドラマが充実しています。

韓国ドラマ作品数は、700作品以上となっており、他の動画配信サービスと比較しても圧倒的の多さ。

無料お試し期間も 31日間長く、ドラマ数作品を全話見られるのでおすすめ♪

また、家族で最大4名までアカウントを分け使え、実質一人当たり約500円で利用できるので、家族で使うならめちゃめちゃお得です。

FOD

FODバナー
月額料金 [fod_price]
無料期間 2週間
ダウンロード ×
韓国ドラマ配信数 4.0

FODは、U-NEXT に次いで韓国ドラマの配信数が多く、料金も安いので、安く利用料を安く収めたい人におすすめ。

無料お試し期間は  2週間と若干短いですが、集中して時間を取れる人なら十分ではないでしょうか。

Hulu

Huluバナー
月額料金 923円
無料期間 2週間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 2.0

Huluでも韓国ドラマを可能。月額料金が比較的安く、ダウンロード機能もあるため、安くてデータ通信料を抑えることができます。

ただし、韓国ドラマの配信数はそこまで多くないため、海外ドラマや洋画など、他のジャンルも合わせてみたい場合におすすめです。

無料お試し期間は  2週間ですが、期間中は対照作品が全て見放題なので、無料で様々なジャンルを楽しむことができます。

dTV

dTVバナー
月額料金 [dtv_price]
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 3.0

dTVは、当サイトで紹介している中で、一番月額料金が安い動画配信サービスです。

韓国ドラマもそれなりの数を配信しているので、料金とスマホのデータ通信量を抑えたいコストパフォーマンス重視の日知のおすすめです。

無料お試し期間も 31日間と長く、映画やアニメなど、様々なジャンルの動画も視聴できるため、無料お試しだけでも利用してみる価値はあります。

朱蒙のあらすじ

紀元前80年頃、朝鮮半島北部は漢の支配下にあった。隆盛を誇った古代国家古朝鮮は滅ぼされ、民は漢の圧制に苦しむ日々を送る。捕まれば重罪を免れないことを知りながら、国外に逃げる流民は後を絶たない状態だった。流民たちの唯一の希望は、多勿(タムル)軍を率いて流民を救い、漢に抵抗するヘモス(解慕漱)将軍であった。扶余国の若き皇太子クムワ(金蛙)もまた密かにヘモスと行動を共にし、同じく流民からの信奉を集めていた。

引用元はこちら

第1話:

紀元前108年、古朝鮮国は漢によって滅亡し、流民となった人々は抵抗を続けるが、その中に弓の達人・ヘモスの存在があった。そのヘモスは漢軍への奇襲作戦中、鉄騎軍のやりを受けて負傷してしまう。

引用元はこちら

第2話:

ヘモスを匿ったため、河伯族の人々は鉄騎軍に皆殺しにされる。また、ユファは公開処刑されることになり玄菟城へと連行される。ヘモスは河伯族が皆殺しにされたことを知り、せめてユファだけでも助けたいと思い…

引用元はこちら

第3話:

ヘモスが漢の鉄騎軍に捕らえられたと知ったユファ。そんな彼女に好意を寄せるクムワは、ヘモスを助け出そうとする。だがヘモスは逃げ切れず、敵の弓をまともに受けて崖下の川へと転落してしまった。

引用元はこちら

第4話:

20年の歳月が経過。チュモンはクムワの第三王子として育てられていた。だが、あまりにもふがいない彼に対しクムワは叱咤する。兄・テソの取りなしで重罰を逃れたチュモンだがテソにより長旅に連れ出され…。

引用元はこちら

第5話:

チュモン暗殺を企てたものの、テソとヨンポは失敗する。それを王妃に罵られた2人は、再度チュモンを陥れようとした。一方チュモンは、命を狙われたことをユファに言うと、ムソンを師匠に武芸を習うよう説得される。

引用元はこちら

第6話:

牢獄の奥でひっそりと暮らす男に興味を抱くチュモン。彼はその男の正体を探ろうとして牢獄に潜入する。また、ヒョント城の新任太守・ヤンジョンがプヨを訪れて、鉄器製造を監視するとクムワに告げた。

引用元はこちら

第7話:

クムワはテソを世継ぎの皇太子に指名する決断をせず、それを苦々しく思う王妃たちはチュモンの元へ刺客を送った。殺されかけたチュモンはクムワが付けた護衛に救われ、倒れていたところをマリたちに救われる。

引用元はこちら

第8話:

ソソノを逃がしたチュモンはマリたちから暴行を受け、それを見たプヨンはチュモンがプヨの王子であることを明かす。マリたちはトチに殺されるよりは、チュモンに恩を売ったほうが良いと考え、チュモンを助ける。

引用元はこちら

第9話:

監獄で出会ったヘモスの武道の腕前に感銘を受けたチュモンは、彼を師と仰ごうと決意。そこへテソとヨンポが襲撃をかけ、監獄の番人や罪人たちを次々と殺害。だが、ヘモスが危機を救い、2人は山中へと逃げる。

引用元はこちら

第10話:

プドゥクプルとヨミウルを問い詰めたクムワは、ヘモスが20年間監獄で生きていたことに衝撃を受ける。一方、監獄から逃走したチュモンはマリたちの協力でヘモスを匿い、モパルモに頼んで護身用の剣を手に入れる。

引用元はこちら

第11話:

ヘモスと剣の練習に励むチュモンの様子を見にきたソソノは、チュモンがプヨンを抱きしめる場面を目撃し、複雑な気持ちになる。その後、ソソノの元を訪れたチュモンはマリたちが商団で働けるように頼むのだが…。

引用元はこちら

第12話:

ヘモスとユファは再会し、ユファはクムワに対して多大な恩を感じながらも、余生をヘモスと共に過ごしたいと願う。クムワは寂しさを覚えつつも、ヘモスの生還を喜び、2人の祝福を約束して友を迎えに出発する。

引用元はこちら

第13話:

ハンダン一味を撃退したチュモンは、クムワから病床の母の看病を諭されて宮殿へ戻る。それを知った王妃たちは穏やかではなかった。またクムワは「兄弟3人に手柄を競わせ、最も優れた者を世継ぎに選ぶ」と宣言する。

引用元はこちら

第14話:

ヨンタバルの商団に働き手として雇われることになったチュモン。一方、テソは漢との交易問題を解決するためにヒョント城へ赴くが、ヤンジョンはクムワが来ない限りは交渉に応じないと強気の態度に出る。

引用元はこちら

第15話:

テソが漢との塩の交易再開という大手柄を立てたために、ソソノたちはチュモンに対して歯がゆい気持ちを募らせていった。また、チュモンは漢と対等に渡り合うためには強い鉄器の開発が必須だと考え…。

引用元はこちら

第16話:

チュモンがコサン国の塩の話をソソノに伝えると、ソソノは自ら商団を率いてコサンへの旅を考える。そしてウテやサヨンの反対を押し切り、チュモンやマリたち3人組、ケピルらを伴って長旅に出た。

引用元はこちら

第17話:

チュモンは盗賊を撃退するが、その後得られた情報が商団一行を惑わせる。盗賊の頭・ペマンはヘンイン国の元将軍で、ヨンタバル商団との武器取引時に、代価を着服しようとしてソソノに阻まれたことを逆恨みしていた。

引用元はこちら

第18話:

ソソノはチュモンたちを捕らえたペマンにコサン国の塩の山について話し、塩の山を発見すれば大もうけができると持ち掛けて解放交渉をする。ペマンはソソノの話に乗り、コサンまで商団を護衛することになった。

引用元はこちら

第19話:

チュモンはコサン国で塩を確保して戻り、喜んだクムワは慰労の宴を催すことにした。手柄で大きな差をつけられてしまったテソとヨンポは憤慨。また王妃はチュモンが皇太子に選ばれるのではないかと心配する。

引用元はこちら

第20話:

チュモンはヒョント城での任務を果たしてプヨへ戻る。クムワがチュモンを賞賛したためテソとヨンポは焦り、チュモンの動向を探る。ヨンポはプヨンがトチにより漢の商人に売り飛ばされたことでオイを利用して…。

引用元はこちら

第21話:

チュモンが炒鋼法の手掛かりを掴んだという情報を真に受けたテソは、さらに焦りを募らせていった。そんな折、3人の王子を呼び出したクムワは、武芸対決を行うことを宣言。チュモンは目隠ししたまま弓を放ち…。

引用元はこちら

第22話:

プヨンが拉致されて憤るオイをなだめるチュモンは、トチの動向を探るようマリたちに命じる。その頃、何者かが放った刺客が神殿を襲撃。危うく逃げ出したヨミウルは山中に身を隠すが、宮中は大混乱に陥った。

引用元はこちら

第23話:

ヘモスが実の父であることをヨミウルから知らされたチュモンは、衝撃を受ける。そんな折、プヨンを拉致したトチの背後にいるヨンポから「プヨンを返してほしいなら皇太子選びの競い合いを放棄しろ」と要求される。

引用元はこちら

第24話:

実の父がヘモスだと知ったチュモンは、オイたちを連れてプヨを去り、それを知ったユファとクムワはショックを受ける。大臣たちはチュモンが皇太子の競い合いから降りたなら、競い合いを続ける意味はないと考えて…。

引用元はこちら

第25話:

チュモンは鉄騎軍の威力におびえるオイたちを叱咤し、流民の一団をヒョント領外へ逃がすことに成功。一方、ヒョント城の太守・ヤンジョンは漢から来た鉄官・ノグンを接待し、テソへ鍛冶職人の貸与を約束した。

引用元はこちら

第26話:

テソが漢から連れてきた鍛冶職人たちの試みは成功し、従来より強度のある剣が作られる。またクムワはテソの手柄を褒めたたえ、王妃とポルゲはこれをきっかけにテソを皇太子にしようと目論むのだが…。

引用元はこちら

第27話:

皇太子を定める要請をクムワが拒んだため、激怒した王妃はサチュルトを味方にしてテソを皇太子にしようと画策。ヨンポは再びトチの忠告を受けて、チュモンとテソを対立させて共倒れすることを狙う。

引用元はこちら

第28話:

チュモンはチンボン、イムドゥン両郡を攻めるのは今しかないとクムワに上奏。ソソノは開戦したら自らも軍商として戦地へ赴くことを決意。さらに、チュモンにテソとヤンジョンの間で交わされた取引について告げる…。

引用元はこちら

第29話:

サチュルトはプヨへの派兵を完全に拒否し、それに宮中の家臣一同も同調したため、チンボンとイムドゥンの攻撃計画は壁にぶち当たる。ある日、タムル軍の残党と古朝鮮の流民たちが宮殿の前に集まり…。

引用元はこちら

第30話:

チュモンの指揮で、テソは先鋒部隊の兵として出征することを条件に罪を許される。チュモンは弟の自分が兄たちを従えることに抵抗を覚えるが、クムワは今度の戦には絶対に勝たなければならないとチュモンを諭した。

引用元はこちら

第31話:

ヤンジョンは、チュモンが率いる別働隊の動きについてテソからの内通を受け、補給部隊に迂回を指示。だが、テソとヤンジョンの動向を見抜いたチュモンは、補給部隊の位置を予測して奇襲に出るのだった。

引用元はこちら

第32話:

チュモンはソソノたちを救い出して、プヨ宮殿へ戻った。そんな中テソは、ソソノの救出を反対していた王妃やヨンポたちにその理由を尋ねる。すると王妃は、「ソソノはお前を滅ぼす女だ」と言い放った。

引用元はこちら

第33話:

プヨ軍はサヨン発案の凧を使った作戦で漢軍を慌てさせ、さらに兵の奮闘によってヤンジョンが率いる漢軍を敗走させる。だが、チュモンはチンボンの太守を仕留めたものの、イムドゥンの太守は逃してしまう。

引用元はこちら

第34話:

テソはチュモンとクムワに代わって国政を担うことになり、王妃やプドゥクプルの助言に従って権力の地固めを進める。そしてナロを護衛総官に任命し、サチュルトをけん制してきたクムワの忠臣たちを粛正した。

引用元はこちら

第35話:

クムワの看病をしていたユファは自室に軟禁されてしまう。オイたちはクムワに代わって国政を担うテソの暴挙に耐えるしかなかった。その一方で、意識が戻らないクムワをプヨ宮殿にやって来たヨミウルが治療する。

引用元はこちら

第36話:

チュモンは負傷して川に流されていたところをハンベク族の族長・イェチョンに救われた。イェチョンの娘・イェソヤの看病でチュモンは息を吹き返すが、突然イェチョンの側近・ソルタクによる反乱が勃発する。

引用元はこちら

第37話:

摂政となり、プヨの実権を掌握したテソはプドゥクプルと相談し、サチュルト勢力に迎合しつつ、専横を抑えるための人事改革に着手。オイたちは配下の兵を思い、仕方なくテソに従うフクチと宮殿に戻るのだが…。

引用元はこちら

第38話:

オイたちとモパルモ、ムソン、そしてヤンタクたちは、チュモンを奪還。チュモンはテソが国政を担っていることを知らされて驚く。また、ソルタクと結婚させられそうになっていたイェソヤを奪い、プヨを目指す。

引用元はこちら

第39話:

プヨ宮殿に忍び込んだチュモンは、母・ユファと再会。ユファは泣いて喜びながらも、テソの陰謀にはくれぐれも用心しろと息子を諭した。また、テソの命令で宮殿を捜索にきたナロを毅然と追い返した。

引用元はこちら

第40話:

ピリュの君長・ソンヤンに拉致されたモパルモがプヨへ引き渡されることになった。それを知ったチュモンとオイたちは、護送途中に奇襲する作戦を立てる。だが、4人だけでピリュ軍勢に立ち向かうことは難しく…。

引用元はこちら

第41話:

テソはチュモンに対して、人質として漢の長安へ行くよう打診する。ヨンポは長安送りを免れるが、テソへの憎しみは頂点に達していた。そして、トチが集めた軍団に訓練を積ませながら、テソ暗殺の準備を進めた。

引用元はこちら

第42話:

刺客の襲撃を逃れたテソは、トチとハンダンを斬り殺し、ヨンポをも殺そうとするが、王妃が止めたため、投獄にとどまった。テソはヨンポを許す気持ちにはなれなかったが、チュモンはヨンポを許すよう進言する。

引用元はこちら

第43話:

チュモンの婚礼の招待を受けたソソノは出席することを決めるが、華やかに行われる式で新郎新婦を複雑な思いで見守る。一方、チュモンはクムワからヘモスの遺体が鳥葬された場所を教えられるのだが…。

引用元はこちら

第44話:

チュモンは流民を連れてプヨを脱出する計画を実行しようとしていた。そんな折、マウリョンが霊視で三足烏を見たことを王妃に報告。それを聞いた王妃はチュモンへの警戒を解かないようにテソを戒める。

引用元はこちら

第45話:

チュモンは流民たちを先導し、長安へ送ると称して出発。また、チュモンを気遣うクムワは護衛兵部隊のナロたちを引き付けて時間稼ぎをしようとする。そして、ユファと共にわざと遠方へ湯治に出掛けた。

引用元はこちら

第46話:

新生タムル軍を率いるチュモンは、モパルモが作り上げた鋼鉄剣で武装し、ハンベク族を奇襲する。チュモンは族長・ソルタクの首を討ち取り、残されたハンベクの民たちはポンゲ山のタムル軍の砦へと向かった。

引用元はこちら

第47話:

テソはプヨの精鋭と鉄騎軍を率いてポンゲ山へ向かうが、チュモンの策略によって大敗を喫する。テソを敗走させたチュモンだったが、実はタムル軍の基盤はもろく、食べるものも着るものも不足していて…。

引用元はこちら

第48話:

流民の護送がテソのわなであることを知らされたチュモン。すると当初予定していた攻撃を取りやめ、ヒョント郡の手前でプヨ軍と鉄騎軍が諦めて解散したところを奇襲。両軍を全滅させることに成功する。

引用元はこちら

第49話:

オイたちはユファとイェソヤを救出するためにプヨに向かう。一方宮殿では、クムワやユファに対して毅然とした態度を取れないテソに業を煮やしたヤンソルランが、ヒョント城の父・ヤンジョンへ使者を送った。

引用元はこちら

第50話:

サヨンはソソノから託されたプヨ宮殿への秘密通路が載った地図をチュモンに渡す。チュモンたちはその通路を使い、ユファとイェソヤを救出しようとする。当のユファは危篤状態が続き、イェソヤが懸命に看病していた。

引用元はこちら

第51話:

ヒョント城の太守・ヤンジョンはチャンチョン谷の族長に会い、鉄鉱石の鉱山へ向かった。チュモンたちはヤンジョン一行を奇襲し、漢に支配されていたチャンチョン谷の部族をタムル軍配下に収めることに成功する。

引用元はこちら

朱蒙のキャスト

役名 俳優名
チュモン ソン・イルグク
クムワ チョン・グァンリョル
ユファ オ・ヨンス
ソソノ ハン・ヘジン
テソ キム・スンス
ヘモス ホ・ジュノ
マリ アン・ジョンフン
オイ ヨ・ホミン
ヒョッポ イム・デホ
モパルモ イ・ゲイン
イェ・ソヤ ソン・ジヒョ
チェサ チャ・グァンス
ムゴル ソ・ボムシク
ムッコ キム・ミンチャン
プブンノ パク・キョンファン
プウィヨム ユン・ヨンヒョン
ユリ アン・ヨンジュン
ピリュ イ・ジェソク
オンジョ キム・ソク
ムソン クォン・ヨンウン
マノ ソン・ソンゲン
チョンドン オ・スンユン
王妃 キョン・ミリ
ヨンポ ウォン・ギジュン
ヤン・ソルラン パク・タミ
プドゥクプル イ・ジェヨン
ヨミウル チン・ヒギョン
ナロ パク・ナミョン
フクチ チェ・ウンギョ
ソンジュ キム・ウォンソク
ハフ・チョン チャン・ヒウン
ムドク チョ・ミョンジン
ヘブル パク・クニョン
ポルゲ ソン・グィヒョン
チョンゴ オ・ジヨン
チニョン ファン・ボムシク
ヘボルチャン イ・ソン

朱蒙の主題歌・OST

Disc1
01. 朱蒙 Main Theme
02. 空よなにとぞ – イン・スンイ
03. 天愛 – ジギョン
04. 約束 – イ・ソンウク、ハン・ジウォン
05. 初めのように – イム・テギョン
06. 運命の刀
07. 思慕
08. 血の戦場
09. ヘモス Theme
10. 追跡
11. 白日夢
12. 鉄器軍の襲撃
13. 闇の沼
14. 決闘
15. 王子の旅路
16. 悲しい運命
17. 卵生神話
18. 開闢
19. Heaven
20. 朱蒙 Ending Theme
error: コンテンツを保護しています。
タイトルとURLをコピーしました