階伯(ケベク)のフル動画を1話から最終話まで無料視聴できるサイト

一つの韓国ドラマをきっかけに、韓流作品にハマってしまった。あなたもそんな一人ではないでしょうか。

この記事では、「階伯(ケベク)」の日本語字幕版を無料視聴する方法や各話のあらすじ、キャストの情報など、本作品の情報を余すことなくまとめています。

階伯(ケベク)

階伯(ケベク)は、U-NEXT で配信中。初回無料お試しを利用すれば、31日間無料で視聴できます。

\ 31日間無料トライアル実施中 /
2020/10/18の情報を元に作成しています。現在は配信していない可能性もあるので、最新の情報は、各動画配信サービスの公式サイトで確認してください。

階伯(ケベク)は全話無料で視聴できる?

U-NEXT やFODなど、当サイトで紹介している動画配信サービスでは、初回無料お試しを利用することが可能。

そのお試し期間を利用すれば、階伯(ケベク)を全話無料で視聴することができます

ただし、動画配信サービスによって、配信状況や無料お試し期間が異なるので、事前に確認してから契約することをおすすめします。

\ 読み飛ばしボタン /

配信状況と無料お試し期間をチェック

  階伯(ケベク)は日本語字幕・吹き替えで視聴できる?

字幕
吹替 ×
U-NEXT の配信状況
ほとんどの韓国ドラマは、日本語字幕版のみ配信されており、日本語吹替版はほんの一握りしかありません。
階伯(ケベク)のU-NEXT での配信状況を確認したところ、上の表のような結果になりました。

  階伯(ケベク)をYouTube、Dailymotion、Pandraで視聴するのは危険

階伯(ケベク)のみならず、様々な韓国ドラマや映画がYouTubeやDailymotion、Pandraにアップロードされていることがありますが、それらを視聴することはおすすめしません。

なぜなら、ほとんどの場合が、非公式で違法アップロードされた動画だから。

また、画質や音質が悪かったり、各話(エピソード)を一つずつ探さないといけない手間もあるため、当サイトでは、U-NEXT やFODなどの動画配信サービスでの視聴をおすすめしています。

  階伯(ケベク)を配信しているVOD一覧

大手動画配信サービスでの階伯(ケベク)の配信状況は、このようになっています。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
FOD
Hulu
dTV ×

動画配信サービスごとに、料金やサービス内容、無料お試し期間がことなるので、そこを詳しくみていきましょう。

U-NEXT

月額料金 1,990円
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 5.0

配信作品を確認

韓国ドラマを見るなら、U-NEXT !と言っても過言ではないほど、U-NEXT は韓国ドラマが充実しています。

韓国ドラマ作品数は、700作品以上となっており、他の動画配信サービスと比較しても圧倒的の多さ。

無料お試し期間も 31日間長く、ドラマ数作品を全話見られるのでおすすめ♪

また、家族で最大4名までアカウントを分け使え、実質一人当たり約500円で利用できるので、家族で使うならめちゃめちゃお得です。

FOD

FODバナー
月額料金 [fod_price]
無料期間 2週間
ダウンロード ×
韓国ドラマ配信数 4.0

FODは、U-NEXT に次いで韓国ドラマの配信数が多く、料金も安いので、安く利用料を安く収めたい人におすすめ。

無料お試し期間は  2週間と若干短いですが、集中して時間を取れる人なら十分ではないでしょうか。

Hulu

Huluバナー
月額料金 923円
無料期間 2週間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 2.0

Huluでも韓国ドラマを可能。月額料金が比較的安く、ダウンロード機能もあるため、安くてデータ通信料を抑えることができます。

ただし、韓国ドラマの配信数はそこまで多くないため、海外ドラマや洋画など、他のジャンルも合わせてみたい場合におすすめです。

無料お試し期間は  2週間ですが、期間中は対照作品が全て見放題なので、無料で様々なジャンルを楽しむことができます。

dTV

dTVバナー
月額料金 [dtv_price]
無料期間 31日間
ダウンロード
韓国ドラマ配信数 3.0

dTVは、当サイトで紹介している中で、一番月額料金が安い動画配信サービスです。

韓国ドラマもそれなりの数を配信しているので、料金とスマホのデータ通信量を抑えたいコストパフォーマンス重視の日知のおすすめです。

無料お試し期間も 31日間と長く、映画やアニメなど、様々なジャンルの動画も視聴できるため、無料お試しだけでも利用してみる価値はあります。

階伯(ケベク)のあらすじ

西暦612年。百済の武王(ムワン)は第一妃で新羅の姫ソンファとの息子ウィジャを後継者に考えていたが、それを反対する第二妃サテク妃はソンファ王妃とウィジャ王子を暗殺し、ソンファ親子の護衛将軍だった階伯の父ムジンに被せる計画を企てる。

引用元はこちら

第1話:刺客刺客

660年、百済軍を率いるケベクは新羅の大軍と黄山伐で4度目の戦いを繰り広げ、見事に勝利する。時は遡り612年。百済の泗泚城では新羅出身のソンファ王妃と息子のウィジャが刺客に襲われる。

引用元はこちら

第2話:密偵密偵

ソンファ王妃とウィジャの命を狙うサテク妃は、遠い昔に思いを抱いたムジンを仲間に引き入れようとするが、彼は取り合わない。サテク妃は野望実現のため執念を燃やし、ウィジャとムジンの行方を追った。

引用元はこちら

第3話:ケベク誕生ケベク誕生

ムジンは生き延びるが、身重の妻は子供と引き換えに命を落とす。ウィジャも追っ手を逃れ、1人サビ城に戻る。14年後、ムジンは刺客を生業とし、息子・ケベクと共に民家の女とその息子の4人で暮らしていた。

引用元はこちら

第4話:思い出の地思い出の地

酒場で泥酔したウィジャに代わり、サテク妃の誕生祝宴にやってきたケベクは、贈り物を持ってきたウンゴと出会う。ケベクはそこで騒動に巻き込まれ、捕らわれて厳しい尋問に遭うが、ウンゴの証言で釈放される。

引用元はこちら

第5話:再会再会

サテク妃の指示を受けた為済団は、ムジンにウィジャの暗殺を依頼。一方ケベクは、ムジンがウィジャに刀を突きつけるのを見て思わず間に割って入る。そこでムジンは、目の前にいる男たちが何者かを知る。

引用元はこちら

第6話:殺生簿殺生簿

人質に取ったサテク妃を連れて宮南苑に来たムジン。そこに為済団に捕まったケベクと家族が連れてこられる。家族を殺すという脅しにもサテク妃を放さないムジン。容赦のない為済団は彼の目の前で妻を刺し殺す。

引用元はこちら

第7話:香瓶香瓶

都を去ることになったケベクはウンゴに思いを告げる。ウンゴは戸惑いながらも彼に香瓶を贈る。その矢先、ケベクとムジンはまた捕らわれ、ムジンは命と引き換えにケベクを救う。ケベクは国境近くの村に送られ…。

引用元はこちら

第8話:薯童謡(ソドンヨ)薯童謡(ソドンヨ)

ウンゴとウィジャはサテク妃を倒すために手を組んでいた。新羅の捕虜兵士・ケベクは次々と戦勝を挙げ、将軍・金ゆ信の信頼を得ていた。一方、百済では新羅のかむ岑城を攻略する計画が持ち上がっていた。

引用元はこちら

第9話:ウィジャとの再会ウィジャとの再会

百済が攻め入るとの知らせが新羅陣営に入る。さらにキョギとウィジャが先鋒を務めると聞いたケベクはがウィジャを殺すと宣言。キョギは戦場で、新羅軍の仕業に見せかけてウィジャを襲い、重傷を負わせる。

引用元はこちら

第10話:岑(カジャム)城を落せ岑(カジャム)城を落せ

ケベクがウィジャを見つけた時、ウンゴが現れ、ケベクに父の死の真相を話す。また、ウィジャは元百済の役人で今は捕虜のソンチュンに出会い、かむ岑城を落とす計画を立てるが、寸前で自身の正体がばれてしまう。

引用元はこちら

第11話:(サビ)への帰還(サビ)への帰還

ケベクの活躍でかむ岑城は百済に落ちる。サテク妃は、死んだと思ったウィジャが手柄を立てたのが気に入らない。ケベクはウンゴの願いで泗泚に戻り、そこでサテク妃に寄り添うウンゴの姿を見て衝撃を受ける。

引用元はこちら

第12話:暴動暴動

ウィジャを利用してサテク妃の命を狙うケベクをウンゴは制し、サテク妃を殺すだけでは復讐は終わらないと諭す。一方、戻って来た捕虜たちが暴動を起こし、扇動者がケベクだと聞いたウィジャがその場に駆け付ける。

引用元はこちら

第13話:人質人質

ウィジャが人質に取られたため、サテク妃は交渉人としてウンゴを送る。実は、ウィジャは人質のふりをして捕虜を助けようとしていた。一方、定着金が横領されたことで、ウンゴとウィジャは貴族の腐敗を暴こうとする。

引用元はこちら

第14話:世の中のために世の中のために

武王に投降すると見せかけて、ケベクとソンチュンは逃げ出す。ウィジャも捕虜と共に追っ手をまいて逃げ延びた。彼らはフンスが暮らす平和な村にやって来たが、その間に捕虜の家族たちが殺されてしまう。

引用元はこちら

第15話:好機到来好機到来

サテク妃は定着金を横領したコンチョルの殺害をケベクに命じる。一方、ケベクはサテク妃の手下である為済団を潰そうとして根城を襲撃。ところが、そこで同じように為済団を狙う謎の男に出会うのだった。

引用元はこちら

第16話:罠罠

ウィジャの義父が捕らわれの身となり、彼の処刑を命じられたケベクは、父が犠牲になった意味を感じる。一方、ウィジャは妻を助けるため、出家を決意。ウィジャに共感したケベクらは民のための百済を作ろうと誓う。

引用元はこちら

第17話:出家出家

サテク妃はウィジャが本当に僧になったか確認しようと寺に現れる。その頃ウィジャの妻・テヨンが出産。ケベクは生まれたばかりの子を平和の村・カマクチェに送り届けるが、途中で襲われ子供は仮死状態になり…。

引用元はこちら

第18話:新しい世界新しい世界

ケベクらの活躍でキョギは王子を剥奪される。サテク妃は武王を殺して王位を奪取しようと画策。王は暗殺されるが、国葬の最中に生きた王が現れる。実は、反逆者を一網打尽にするために打った芝居で…。

引用元はこちら

第19話:居列城(コヨル)城へ赴任居列城(コヨル)城へ赴任

ウィジャは太子になり希望に燃えていたが、太子妃のテヨンは多忙を言い訳を避ける彼に寂しさを感じる。王はケベクを新羅との国境近くの居列城の郡将に任命。ケベクはウンゴに同行を求めるが…。

引用元はこちら

第20話:新羅(シルラ)との攻防新羅(シルラ)との攻防

ケベクの命を狙うムングンと再会。ウィジャは新羅と平和同盟を結ぶため、ウンゴらと共に新羅の都、徐羅伐を訪門した。そのことを知らないケベクは、新羅を攻撃する準備を着々と進めていた。

引用元はこちら

第21話:西谷(ソゴク)城陥落西谷(ソゴク)城陥落

ケベクはムングンと共に西谷城に攻め入り、落城させる。これを知ったウィジャらは急きょ新羅を脱出し、ケベクと共に泗泚に凱旋。民衆はもろ手を挙げてケベクを称えた。ウィジャはウンゴへの思いに苦悩して…。

引用元はこちら

第22話:権力の行方権力の行方

ウンゴはケベクのために貴族を懐柔するが、そこにはサテク一族の側近・キミが関与していた。ウィジャからウンゴの周囲を探るよう密命を受けたケベクは、キミから賄賂を受けていたウンゴの叔父を捕らえてしまう。

引用元はこちら

第23話:別れ別れ

武王はウンゴを捕らえ、第二のサテクになる可能性があるとして処刑を決めた。その場に現れたウィジャは、ウンゴの子を宿していると告げる。そして、ウンゴはウィジャの妃となり、王宮へと向かう。

引用元はこちら

第24話:復讐復讐

ウンゴを失い落胆するケベク。7年が過ぎ、ウィジャは王位に就き、ケベクは次々に戦勝を挙げて民衆の英雄となる。ケベクの活躍は王に嫉妬と後ろめたさを感じていた。これこそがケベクの、王とウンゴへの復讐で…。

引用元はこちら

第25話:真の王者真の王者

ケベクはウィジャ王と共に戦場に来たウンゴと再会。互いに未練が残っている2人を、ケベクに恋心を抱くチョヨンは寂しく見つめていた。この後ウンゴはが妃となったのは王の計略だったことを知る。

引用元はこちら

第26話:一触即発一触即発

ケベクの命で高句麗のヨン・ゲソムンから盟約を取り付けたチョヨンが帰国するが、王はケベクの勝手な行動が気に入らない。さらに王は、チュンチュの行動に激怒して彼を監禁し、新羅との全面戦争を口にする。

引用元はこちら

第27話:チュンチュ脱出チュンチュ脱出

モク妃はチュンチュ暗殺を企てるが、ケベクに知られて未遂に終わる。4つの城を取り戻していた新羅のキム・ユシンが1万の大軍を率いて現れたので、ケベクはチュンチュの娘夫婦のいる大耶城攻略に向かい…。

引用元はこちら

第28話:倒れた王倒れた王

大耶城が陥落。王は新羅攻略のため徐羅伐に向かうが、負傷して意識不明に陥る。その間にケベクは戦場に赴き、敵を後退させることに成功。そしてケベクは、モク妃が王の計略により妃となったことを知った。

引用元はこちら

第29話:立太子立太子

王妃は王宮を思い通りに牛耳り、邪魔なモク妃と息子を追い出そうと画策。それを知ったモク妃は生き残るために太子暗殺を思いつく。再び高句麗を訪ねたチョヨンはヨン・ゲソムンから同盟の約束を持って帰国する。

引用元はこちら

第30話:暴君暴君

回復した王は王妃と息子らを宮殿から追い出し、ケベクが進めていた高句麗との同盟も覆す。王はモク妃の支えの元で独裁色を強めていった。ソンチュンの進言さえ聞き入れない王に、ケベクも宮殿を去ろうとするが…。

引用元はこちら

第31話:追放追放

王に刺されて重傷を負ったチョヨンはケベクに秘めてきた思いを告げる。12年後、ケベクとチョヨンは2人の子供とともに仲睦まじく暮らしていた。宮殿では王妃と太子の冊立を求めて唐に使者を送るが、拒否される。

引用元はこちら

第32話:再び戦場へ再び戦場へ

次々に城を奪うキム・ユシンを恐れて王はケベクを泗泚に呼び戻す。百済の将軍に返り咲いたケベクは次々に戦勝を挙げるが、新羅の奇襲に遭い手痛い大敗を喫する。同じ頃、唐が王妃と太子を冊立したとの知らせが入る。

引用元はこちら

第33話:王妃の策略王妃の策略

ケベクは敗戦の責任を取らされて投獄される。王妃となったウンゴはことの重大さにおののいていた。ウィジャ王はチュンチュとユシンのわなにはまり、唐との国交断絶を発言。また、王は人知れずケベクを出陣させ…。

引用元はこちら

第34話:ソンチュンの死ソンチュンの死

王妃が新羅と通じていた証拠を握ったソンチュンだが、捕らえられて闇に葬られる。泗泚に戻ってきたケベクはソンチュンの悲報を聞いて新羅のせいだと思い込むが、そこにチュンチュからの密書が届く。

引用元はこちら

第35話:戦争前夜戦争前夜

王妃がソンチュンを殺害したことを知ったケベク。裏切りが民衆に知れ渡り、切羽詰まった王妃は宮殿を脱出して新羅に向かうが、新羅が百済を滅ぼすために大軍を用意していると知り、百済に引き返す。

引用元はこちら

第36話:<最終話>黄山伐(ファンサンボル)の戦い<最終話>黄山伐(ファンサンボル)の戦い

唐と新羅が百済を挟み撃ちにしてきた。勝ち目のない戦を前に、妻・チョヨンはケベクを呼び、家族を殺して出陣せよと告げる。ケベク率いるわずか5千の百済軍が、キム・ユシン率いる5万の新羅軍と黄山伐で対峙する。

引用元はこちら

階伯(ケベク)のキャスト

役名 俳優名
ケベク イ・ソジン
ウィジャ チョ・ジェヒョン
モク・ウンゴ ソン・ジヒョ
武王 チェ・ジョンファン
サテク・クミョン オ・ヨンス
ムジン チャ・インピョ
ユンチュン チョン・ソンモ
ウィジク チェ・ジェホ
ウンサン キム・ドンヒ
ワン・ヒョリン キム・ジノ
サゴル ソ・ボムシク
サテク・チョクトク キム・ビョンギ
キョギ チン・テヒョン
キミ キム・ジュンギ
ヘス ユン・ヨンモク
ヒョソ リュ・ジェヒ
クィウン アン・ギルガン
ナムジョ チョ・サンギ
プクチョ パク・ユファン
ヨン・ムンジン イム・ヒョシク
ヨン・テギョン チョン・ギソン
ヨン・テヨン ハン・ジウ
チョレン チェ・ヒジェ
チョンダニャン イ・テギョン
チングク スン・ドンウン
ヒョプチョン イ・ビョンシク
ペグン チョン・ハノン
チョンドル クォン・ヨンウン
チョヨン ヒョミン
イムジャ イ・ハヌィ
チョンファ オ・ジヨン
ヨンミョ チェ・ラン
ソンチュン チョン・ノミン
フンス キム・ユソク
トッケ ユン・ダフン
テス コ・ユヌ
ヨンス チャン・ヒウン
ペクパ チョ・ギョンフン
ポドゥク ユン・ウォンソク
ヨルベ キム・ユジン
ミョンジュ チョン・ソヨン
ウルリョ キム・ヘソン
ムングン キム・ヒョソン
キム・ユシン パク・ソンウン
キム・チュンチュ パク・ソンウン
アルチョン チョン・ジンギ
ピルタン ソン・ナッキョン
キム・ソヒョン イ・ジョング
キム・フムスン クォン・ギジュ
ソンファ シン・ウンギョン
モッキョン クァク・ミンソク

階伯(ケベク)の主題歌・OST

調査中

error: コンテンツを保護しています。
タイトルとURLをコピーしました